上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡空港が本日(6/4)開港しました。
就航するのは国内3都市と海外2都市だそうで、
国内3都市は福岡、札幌、那覇、とのこと。
思いっきりスカイの就航都市であり、
ひょっとしたらスカイの搭乗者数にも影響があるかもしれません。

しかし、静岡空港は静岡市内から車で40分かかるため、
神奈川西部や静岡東部の人たちにとっては、
むしろ羽田の方が時間はかからなさそうです。
これだけ遠いと、静岡西部の人たちは中部に行くでしょうし、
羽田や中部の方が就航社数や便数が多くて料金も安いでしょうから、
静岡空港を利用するのは空港近くや
静岡市内に住んでいる人たちだけになりそうですね。
スカイとの競合がどうこうより、
静岡空港の行く末が非常に心配です。

しかも、この記事によると、

「実は、静岡県は福岡便を運航する日本航空との間で、
搭乗率が70パーセントを下回った場合、
その分の運賃を税金で補てんする約束を結んでいて、
利用者が少なければ多額の損失が出てしまうのです。」

こんな不平等条約あるんですね。
調べてみると、他でもなくはないみたいですね。
搭乗率70%がどれだけ難しい数字なのか考えてるんですかね。
運行する機材はMD90(166席)2便とエンブラエル170(76席)1便。
それほど小型というわけでもありません。

どの料金(まさか通常料金じゃないですよね?)
で補填するのかわかりませんが、JALは損をしない。
おそらく静岡県民の税金は補填に使われるでしょう。
補填があるならJALも安売り等の企業努力もしないでしょうし。

スカイへの影響については、心配する必要はなさそうですね。
どんな搭乗率が出てくるか、注目しておきます。

コメント

はじめまして、こっそり遊びに来ました。
壁|ω・)つhttp://oppao.net/g-navi/5zqn89d/

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/310-f3220030
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。