上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場の先輩に聞いたネタが興味深い&今後の動向に気になるので、
こちらに記載しておきます。

ライブドアホールディングス(LDH)が、一株あたり6,500円の配当を実施するとのこと。
しかし決算書によると今期576億の純損失であり、
決して儲かっているわけではないです。
純資産は1296億しかないのですが、この配当が実施されると
発行済み株式数が1047万株なので680億の支払いになります。
しかし配当は17%の株式を持つホリエモンには支払われないとのこと。

この経緯を推測すると、おそらくこんな感じと思われます。
・ライブドアが例の騒動により上場廃止
・上場廃止前に個人が投売り、株価は一株資産を大幅に割り込む。
 (上場廃止直前の時価総額が986億に対し、
  純資産は2000億程度あったものと思われます。)
・資産は十分にあると判断したハイブリッド・キャピタル・セカンド以下は、
 LDH株を安値で買い叩く。
・LDHの業績が回復しないと見るや、配当という形で投資回収を図る。
 (元々LDHの業績回復なんて期待していなかったかも。)

この件で今後が気になるのは以下の点です。
・まず、この非常識な額の配当が実施されるのか。
・株主であるホリエモンへのみ配当を実施しない、ということが出来るのか。
 (ホリエモン側で辞退するのであればありえる話ですが。)
・配当実施で財務基盤が脆弱となるLDHのその後。

特にホリエモンへのみ配当を実施しない、という荒業が出来るのかどうか、
もし出来るとなると、LDHの資産は配当という形で吸い取られ、
ホリエモンには何も残らないことになります。
どういう結末になるか注目したいと思います。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/332-ac912875
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。