上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡空港において静岡-福岡便の搭乗率が70%を切った場合、
静岡県からJALに対して未達分を支払う契約がなされてる件を以前書きましたが、
その額は1席あたり15,800円だそうです。

スカイの羽田-福岡の通常運賃が16,800円ですから、ほとんど差がありません。
おそらくスカイはツアー用にさらに安く卸している部分もあるでしょう。
JALは最低でも15,800円は保証されるので、ツアーに対してもその値段以下では卸さない。
特割1の運賃も16,000円です。
この保証がある限り、JALは企業努力をしないですよね。
その結果、静岡発のツアーの値段は下がらず、
静岡県の保証額は増えるばかりなのではないでしょうか。

で、早速70%割れ。開港から1週間で66.2%だそうです。
これを元にJALへの保証額を計算すると、静岡-福岡の運行は往復で6便、
MD90(166席)が4便とE170(76席)が2便、
総提供座席数が816席で搭乗率3.8%不足なので、
31席分の搭乗者数不足。
この31席分に対して15,800円なので、1日で49万円がJALに支払われます。
これが30日続けば1470万円。1年だと1.76億となります。

開港1週間でのものめずらしさがあったにもかかわらず、
この搭乗率はかなり問題なのではないでしょうか。
しかもJALが積極的に搭乗率改善の努力をしなさそうなのが痛い。

上記記事内のJAL広報部のコメント:
「便数や機体を調整するにしても、半年や1年見て判断することになる」と話す。

JALからしたら小型化なんてしたくないでしょうね。
搭乗率70%を安定して稼げる路線なんでそうそうないですから。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/336-347ab596
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。