上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビ・ライフ投資法人とDAオフィス投資法人が、
21年5月期分配金の上方修正を発表しておりました。

これを見て、不動産不況もいよいよ底を打ったのかな、
と期待して内容を見ましたが、よく見ると営業収益は減っています。
(ビ・ライフ投資法人、DAオフィスの方は発表なし。)

営業収益が1,600から1,558に減少。しかし利益は前回発表とほぼ同じ。
純利益が7百万増加し、分配金が11,000円から11,138円に増加。
賃料や稼働率は上がっていないが、
コスト削減により利益を増加させた、という内容のようです。
DAオフィスの方は分配金が8,328円から9,179円と10.2%の上方修正なので、
収益の増加もあるのかもしれませんが。
この2つの発表だけでは不動産業界の明るい兆しがみえた、
とはいいづらいですね。

コメント

おーっ、ついにREITの分析に入りましたね。少し遅かったかもしれません。私の場合、REIT中心の銘柄は3百万ぐらいの投資が9百万ぐらいになっています。これでも、まだスカイを含むポートフォリオ全体だとー13百万の損失なのですが、一時期-26百万だったので上出来かもしれません。

スカイが4倍になってくれれば一生安泰ですが。REITは銘柄によっては8倍になっているので、スカイに投資せず、REITに突っ込めばよかったと本当に後悔しています。スカイはまだ2年かかるとみています。半年後、羽田枠の配分ルール、1年後、配当、1年半後、2年後羽田枠の実際支給となり、さらに3年後、4年後の枠支給を睨んだ上昇と妄想します。待ちくたびれています。
REITは注目はしていましたが、実際投資するまでには至らずです。
この数日の動きを見ていると、REIT(不動産株も)の上昇もそろそろ終わりそうですね。

スカイは、少なくとも2Q決算までは特に材料もないですし、このあたりで動くでしょうね。
本格的な上昇は、私も今期末決算と来期予想が発表されるあたりからだと思っています。
まだまだ先は長いですが、この値段で仕込めるのも今のうちだけですから・・・
私もスカイは懲りずにまだ買い増ししております。平均買い単価もいろいろな見方がありますが250円から270円ぐらいでしょうか。REITの含み益などを相殺して考えれば210円まで下がります。今買えるヒトは幸せでしょうね。皆、今、買えないからこそ上がらないのでしょう。噴けば1750円まで行くと考えています。中期経営計画のエンドが税引き後で35億xPER35倍、1225億。今の時価総額が95億。JALがPBR33倍ですから、全く不可能ではないでしょう。実態として15億xPER7倍。PER7倍ということは割引率15%。割とリスクの高い評価と位置づけられます。もう少し企業規模が必要でしょう。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/361-4dee005d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。