FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資用マンションの日本エスリードが、1Q決算を発表しておりました。
具体的な数値は以下の通りです。

売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
22年3月期第1四半期 4,895 128 .△217 △312 △168
21年3月期第1四半期 2,145 △443 △517 △321

利益は赤字ですが、前期と比べて売上は倍以上、
営業利益も2億ほど改善しています。
売りがこれだけ増えているのに利益が出ていないのは、どう見るべきか。

7ページ目を見てみると、売上に対する売上原価の比率が前期より上がってますね。
前期は21億に対して15億。今期は49億に対して41億。
粗利率は前期30%に対して今期は15%です。
要は利益率を落として薄利多売(≒在庫整理)ということですね。

2Qも同じように粗利率15%、販売管理費10億程度と考えると、営業利益は
130億×0.15?10億×2=△0.5億 
となり、会社2Q予想の△6億よりはだいぶ改善されます。
あとは2Qまでに130億の売上を出せるのかどうか、ですかね。

財務については、現金が196億134億からへと減少していますが、
流動負債が292億から227億に減少いますし、
これだけキャッシュがあれば問題ないでしょう。
長期借り入れを58億ほど増やせているのも好材料です。

絶好調とまではいかないまでも、
環境の悪い中粗利15%は確保できているようなので、
今のところはとりあえずOK、環境回復でもう少し利益を伸ばせる、
といったところでしょうか。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/397-3db96323
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。