上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆中に発表されていたIRについて、メモ程度ですがまとめておきたいと思います。

・穴吹興産
21年6月期決算を発表。売上は50億ほど少ないですが、
利益は当初予想より上がっており、8.97億円を確保。
3Qでは自己資本比率が8.8%まで減少していましたが、12.0%まで回復。
利益を確保できており、まずまずの決算。

・ランド
第三者割当で61億の増資、とのこと。
決算時に10億の増資を発表していましたが、61億とは大きな額です。
割当先は以前も出てきたユー・エス・アールと、ENHANCEMENT CONSULTING KOREA。
希薄化率は608%と、かなりの希薄化ですが経営安定が第一なのでやむなしですね。

・陽光都市開発
中間予想は上方修正で黒字達成。しかし通期では下方修正です。
しかし黒字予想であることから、GC注記の記載を解消とのこと。
黒字化といっても通期の利益は50百万ですし、
まだまだ財務基盤は危ういので、GC注記が取れたと言っても油断はできませんね。

・ケネディクス
2Q決算。棚卸資産評価損128億を計上したため88億の赤字となっているものの、
これ以上の損失は出ない模様。資産も期初に比べると半分程度まで圧縮。
ここもGC注記を解消しています。

・サンシティ
2Q決算。下方修正で発表したとおりの決算。
自己資本比率は3.7%と債務超過すれすれまで減少。
手元現金が8億しかないのも厳しいですね。

不動産業者は基本的に回復してきていると思いますが、
どこも回復しているというわけではないので、
ちゃんと見極めて投資することが大事ですね。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/415-68ec91f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。