上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが、夏季輸送実績を発表しておりました。
発表された数値は以下の通りです。

路線 2009年 2008年
提供座席数 総搭乗者数 搭乗率 提供座席数 総搭乗者数 搭乗率
羽田-福岡線 38,390 35,317 92.00% 47,724 40,334 84.50%
羽田-神戸線 17,700 17,028 96.20% 19,520 17,513 89.70%
羽田-札幌線 28,320 24,669 87.10% 24,780 21,179 85.50%
羽田-旭川線 7,080 5,040 71.20% 14,160 9,418 66.50%
羽田-那覇線 12,204 10,404 85.30% 10,720 9,386 87.60%
福岡-那覇線 7,080 4,471 63.10% - - -
全路線計 110,774 96,929 87.50% 116,904 97,830 83.70%

昨年比では、搭乗者数はわずかに減少しましたが、提供座席数を減らしているため、
搭乗率で見ると大幅に改善。
大手は搭乗者数を10%前後減らしているので、この結果は上出来と言えるでしょう。
この期間の普通運賃は、

       2009  2008
羽田-福岡 26,800 28,800
羽田-神戸 11,800 13,000
羽田-札幌 25,800 26,000
羽田-旭川 26,800 26,000
羽田-那覇 28,800 29,800
福岡-那覇 19,800 -

となっており、数%程度の値下げを行っています。
機材の小型化を行って提供座席数が減少しており、売り上げ減は承知のことですが、
売り上げ減は数%程度で収まると思われます。

機材小型化による売り上げ減の影響をいちばん受けるのがこの時期ですが、
微減で収まった(と考えられる)のはいい内容ですね。
7月搭乗実績もよかったですし、2Q単独ではひょっとしたら昨年より売上が
増加しているかもしれません。
となると原油価格下落や機材統一、返還整備引当金の減少等による
経費減少の恩恵がそのまま利益となるため、
かなりの黒字を計上してくるかもしれません。
営業利益30億ぐらいは十分ありえると思いますね。

コメント

昨年の原油高はひどいものでしたが、今年はそれが全くない。それと10月の羽田福岡と羽田札幌への価格競争の参加をみると大手を引き離しにかかっている気もする。2Qが予想外によかったことによる自信のようなものを感じる。8月後半株価上がると思ったけれど、あまり上がらないのでどうしたもんだろうと思っています。私の期待するところ、中間決算発表前には400円近くに上がると思っていたのですが・・・・。
10月の値下げは、私もびっくりしました。9,800円からとは、
昨年と比べても3割ぐらいの値下げですね。
前割の枠はそれほどないのかもしれませんが、不安になるぐらい安いですね。
搭乗率にどれくらい反映されるか注目です。

株価のほうは、少しずつは上げていますが、400円はまだ遠いですね。
しかし2Qの数字はかなりよくなると思いますので、
大手が苦しんでいる中サプライズとなるのではないでしょうか。
仕込むとしたら中間決算発表の直前ですかね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/419-5fec8157
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。