上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADRにて事業再生中のアイフルが通期業績の下方修正を発表しておりました。

1Q決算では自己資本が3976億ほどありましたが、
今回の発表ではその多くを消費する3110億の赤字に転落です。
また、ADRの具体的な内容についても発表がありました。

下方修正の主な要因は、貸倒引当金と過払い金請求の引き当てです。
これにより自己資本は866億にまで減少。
こうなるとBPSは362円であり、割安感は薄れます。
しかも今回の引当で十分なのかどうかは分かりませんし、
今後も増加する可能性もあります。
店舗やATMもかなり縮小するようですし、
今後は売上はかなり減少すると思われ、事業の発展は望み薄です。

となると、今回ADRが成立して何とか生き残ったとしても、
今後の事業に期待が持てず、BPS以上に買われることはないでしょう。
リバウンドがあってもせいぜい400円程度までで、
それに対してADRが成立せず株式価値が無くなるリスクがそれなりにあります。
10倍もありえるなら、ギャンブル的要素が高いとはいえ
買ってみても面白いかな、とも思っていましたが、
株価102円のこの状況だとちょっとリスクの方が大きいですね。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/455-29be0fb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。