上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMCOMが、EMCOM TRADE株をすべて売却し、
連結対象外となるとのことです。

ただ、EMCOM TRADEは徐々に増資をしており、
それによってEMCOMの持分はかなり減少しております。
そのため、現在は連結子会社ではなく、持分法適用会社となっています。

7/28以前 EMCOM 持分100%
7/29 10億、46,512株をジェイアンドアールに割当、EMCOM持分は34.4%へ。
8/28 10億、46,512株をジェイアンドアールに割当、EMCOM持分は20.7%へ。
9/30 8億、37,210株をジェイアンドアールに割当、EMCOM持分は15.8%へ。
そして今回、
10/15 0.52億で24,350株をジェイアンドアールに譲渡、EMCOM持分は0%。
というわけでEMCOM TRADEはEMCOMの手を離れました。
5.03億で取得しているので、4.51億が特別損失になるとのこと。

簿価より安く売却したのに連結決算に対しての影響は軽微、
というような趣旨の内容が以下に書かれておりますが、
現在の通期予想が変更されないという意味ではないのでは?
と思っています。

-----
連結決算については、平成21年8月28日付
「持分法適用関連会社の増資および特別損失の発生に関するお知らせ」
にてご報告のとおり、
第3四半期から持分法を適用して実質価額で計上しており、
今回の譲渡価額が実質価額に近いため
平成21年12月期第4四半期連結決算への譲渡損失による
影響は軽微であると判断しております。
-----

譲渡損失による影響は軽微、とあるので通期決算に影響はない?
と思いましたが、それは3Qで実質価額で計上するから、
と理解しました。
2Qまでは取得価額で計上されているので、
それを3Qで実質価額に直す=3Qで特別損失が生じる、
3Qで実質価額に直して、4Qでは実質価額で売却なので、
4Q単独としてみた場合特別損失は発生しない、
ということを言っていると考えております。

上記の理解が正しければ、
3Qで4.5億の特別損失が計上されることになり、
決算はかなり悪化するものと思われます。
3Qはまだ発表されていないのに、この書き方はどうなんでしょうか。

上記理解が正しいのかどうか確かめるためにも、
3Q決算には注目しておきたいと思います。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/481-68e78ffb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。