上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションデベロッパーのタカラレーベンが2Q決算を発表しておりました。
発表された数値は以下の通りです。

売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
22年3月期第2四半期 27,500 12 1,909 △15.7 1,532 △8.8 1,656 79
21年3月期第2四半期 24,663 2,264 1,680 926

ちゃんと利益を出せているようですね。通期に向けての進捗率もまずまず。
注目したいのは、各事業の粗利益率が記載されていて、

分譲マンション事業 東京、埼玉で308戸 粗利益率15.5%
戸建分譲事業 28戸 粗利益率16%
中古事業 リニューアル事業 51戸 リセール事業 111戸 粗利益率28.1%

中古事業が利益率が高いですね。各社参入するのも納得です。

財務を見てみると、手元現金が43億に対し流動負債399億と、
依然として厳しい状況のは変わりはないですね。
物件が売れているようなので現金は作りやすいのかとは思いますが、
このあたりにはまだ不安が残ります。
自己資本比率は13.1%まで回復してきましたが、もう少し安定感が欲しいところ。
本日の株価は637円、結構回復してたんですね。PBR1倍超えてます。
割安感もいまいちですので、しばらく様子見ですね。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/495-58f89b74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。