上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2Q決算が木曜日に予定されています。
そこで、どの程度の数字を出してくるか推測してみます。

いちばんの焦点は、昨年37.6億も計上した返還整備引当金にあると考えています。
これが今期はなくなるか、あっても10億程度?になるため、大きな増益要因になります。
しかし問題は、この37.6億がどの四半期で費用計上されているのかが不明である点。
そこでこれを見積もるために、前年度の経費を四半期毎に計算してみます。

        2008-1Q 2008-2Q 2008-3Q 2008-4Q (単位:百万)
四半期売上 9,992  12,244   9,822  10,258
営業利益   -1,740  -949  -1,053   1,199
費用      11,732  13,193  10,875  9,059
原油(推定)   4,145  3,698   2,361   1,847
原油以外   7,587  9,495   8,514   7,212
返還整備引当(推測) 2,200   1,300   200

原油はケロシン価格等から推測した値を使用、原油以外の費用は
四半期毎にそれほど大きく変動しないとすると、
費用が増加している2Q、3Qで多く計上されていると推測できます。
原油以外の費用が73億程度になるように考えると、
返還整備引当金繰入額は上のよう(2Q:22億、3Q:13億、4Q:2億)になると推測しました。

というわけで今期2Qは、返還整備引当金の減少で最大22億の増益となります。
原油価格の下落による経費削減は2Q単独でおよそ14億と見積もっています。
となると2Q単独で36億の増益、前2Qは9.5億の赤字だったので、
本2Q単独は26.5億の黒字、と推測されます。
さらに本1Qは4億の赤字なので、1,2Qトータルでは22.5億の黒、となります。

これは売上が2Q単独では減少していないことが前提となります。
これは、6%の搭乗者数増で単価下落をカバーできていると考え、
売上は昨年比トントンでいけると推測しています。

ただ、返還整備引当金が0とは考えにくく、数億の繰り入れはあると思いますので、
これがいくら繰り入れられるかで利益が変わってきます。
1機分10億を2,3Qで計上するとして、2Qで5億ほどでしょうか。

というわけで、2Q決算予想は、ズバリ以下の数値で。

売上   210億
営業利益 17.5億

これを超えればまずは合格点と見ます。さあ果たして・・・

コメント

一昨年も同じように黒字に変わる決算で、そのときは決算発表前にかなり上がり、350円ぐらいになったのに対し、今年は決算発表前は200円台でまったく動かない。決算が出たら暴騰するのか、不明です。そろそろ3連続ストップ高とかになって350円になり、安心してすごせる暮らしをしたいところです。
決算出ましたね。この数字は私としては満足しています。
上方修正も出ましたし、明日はストップ高にならないですかね。
この上方修正でもかなり保守的な見方をした数字だと思っていますので、
3Q発表あたりで再度上方修正&配当実施発表で、
500円あたりが見えてくると期待しています。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/499-6743e619
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。