上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資用不動産銘柄のシノケンが2Q決算を発表しておりました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
22年3月期第2四半期 9,030 20 △432 △862 △890
21年3月期第2四半期 7,541 △297 △458 △272


投資用マンション販売の会社はいまいち不調な会社が多いですが、
ここもあまりよくなさそうですね。
売上は伸びていますが、利益面では減益。
利益率を下げて投売りを行った結果、ということだと思います。

財務的にも現金があまりなく、また流動負債が大きいという事情もあり、
借金の返済と資産の圧縮を急いだものと思われます。
1Qと比較してみると、流動負債は115億から82億に減少、
流動資産も128億から95億に減少しています。
ちょっと前の不動産銘柄によく見られた貸し剥がしが行われているのではないでしょうか。
自己資本比率も5.7%と危ない水準です。
投資用不動産銘柄は、物件の回転が速いからか手元現金は多いのですが、
ここは4.9億しかありません。
それでも1Qの2.2億よりはマシになりましたが。。。

株価は11,500円ですが、BPS8560円、EPS△4,280円に対しても高いですね。
投資妙味はなさそうです。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/522-042c768e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。