上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HISの決算が発表されておりました。
私は穴吹興産を自社株買い発表の直後に売って、ここを買っておりました。
発表された数値は以下の通りです。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
21年10月期 325,086 △11.8 7,137 21 5,582 △10.0 3,371 36
20年10月期 368,384 2 5,902 △7.2 6,204 △17.4 2,487 △45.0


業績自体は、以前に発表されていた修正予想とほぼ同じなのでインパクトはなし。
問題は来期の予想ですが、
売上363,000 営業利益7,800 経常利益7,400 純利益4,100 (百万)
上記のように、今期より増収増益を予想しています。
減益となる予想もあり株価は下がっていましたが、これは好材料ではないでしょうか。
この発表を受けた直後(14時発表)から、株価は上昇しています。1,750円(+104)
私としては円高で個人旅行が増えることや、
原油価格も安定しているので特に減益になる要素はないかな、と思っていましたが。

あと、HISの抱える問題といえばハウステンボスの支援ですね。
これについては固定資産税の免除などの優遇を受けられるとのことですが、
これについてはどう転ぶか予想は難しいですね。
HISの販売網を利用してハウステンボスを宣伝することで客数を増加させるのが、
まずはHISの作戦だとは思いますが。
この動きに連動して、スカイの長崎就航ということも考えられるかもしれません。
ANAの羽田-長崎路線は乗客数58,013人(10月)と、まずまずの市場規模。
HISの強力プッシュがあればそれなりに搭乗率は稼げるように思えますし。
この路線、スカイネットの前割運賃は20100-25000円程度ですか。
福岡路線を16,000円程度で運航できているスカイであれば、
競争力のある運賃を提供できるのではないかと思われます。

スカイの中期計画にはない路線ですが、
この支援の動向次第では長崎路線が浮上してくるかもしれませんね。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/568-27f2c9db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。