上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたスカイマークネタです。
スカイマークを国際線に就航させない件について、国交省に不満を伝達した、とのこと。

スカイは羽田の国際線枠を要求していましたが、
国交省より口頭で割当をしない方針を伝えられたようです。
スカイマークは以前に大量欠航や就航してすぐ撤退、整備不良があったりしました。
国交省はこのあたりを理由に国際線に就航させないつもりのようですが、
今は安定して運航できてますし、今だとJALの方がそのリスクが高いように思います。

羽田から台北に就航できれば、福岡や那覇からもおそらく就航するでしょうし、
羽田-台北で固定費が賄えれば他は搭乗率50%程度でよいという、
スカイの路線選択の方針にも合ってきます。
何とか羽田-台北用の枠がほしいところですが、国交省の方針からすると難しいんですかね。
しかしこのようにプレッシャーをかけて、
安定運航の実績を作れば認めざるを得ない状態になると思うので、
2010年10月がダメでもその次はOKとなると考えられます。
今回の国交省への申し立ては、プレッシャーをかける意味でよいのではないかと思います。
これに対して国交省から正式な回答があるのかどうか、注目しておきたいです。

コメント

国際線枠をもらいたい背景としては神戸線のところで書きましたが、スカイなりに国内線ネットワークの完成系に大分、今年・来年で近づくと考えたのではないでしょうか。

戦略会議で国内線LCCを育成といいつつ、全くスカイに羽田枠を与えないというのは、官僚が口頭で伝えたのでしょうが、本当いい加減なものです。LCCといっても、ANA・JAL系を認めるということでしょう

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/572-5e05e10e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。