上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産関連のメッツが、3Q決算および通期業績の下方修正を発表しておりました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
22年3月期第3四半期 260 △10.3 △4,717 △4,797 △5,037
21年3月期第3四半期 290 △130 △194 △250


ここは当初から今期は不動産を売却しない作戦であり、
実際売上もほとんどないのですが、棚卸資産の評価損が発生し、
通期予想は△51億の大赤字となりました。

特別損失の内訳は、
棚卸資産評価損 46.8億
減損損失 4.8億 
です。

販売用不動産が100億のところをこの5割近い評価損計上ですので、
経営的にも当然非常に厳しくなりました。
自己資本比率も62.5%から29.8%へとがた落ちとなり、PBRも13,888円から3,561円へ。
借入金40億が非常に重くのしかかりますね。
自己資本も17億まで減ってしまいましたし、
販売用不動産を今後も長く持っていても評価損が発生するだけですし、
売却しないというような悠長なことは言ってられなくなってきました。

PBRに対して株価が割安だったので投資も考えておりましたが、
下方修正後のPBR3,561円に対して本日の株価3,860円は
全然割安ではないですし、ここへの投資はまずなくなりました。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/607-00e0562a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。