上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資用マンションの日本エスリードが3Q決算を発表しておりました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
22年3月期第3四半期 12,542 △28.3 △514 △857 △520
21年3月期第3四半期 17,499 △1,241 △1,526 △1,159


赤字幅は2Qの△471より拡大してしまいました。
売上も通期目標まで140億ほど残していますが、達成できるんでしょうかね。
昨年4Qでは130億ほど売上げていますが、それ以上が必要です。
進捗はよろしくないと見ないといけないでしょうね。

利益率(1?売上原価/売上)は、2Qまでが16.5%に対し、3Qは単独で見ると28.3%。
安売りをしているわけではないようで、その分売上が上がっていないということでしょうか。
あまりもたもたしていると棚卸資産評価損を計上する必要が出てきますし、
安く売ると利益は上がらないし、難しいところですね。
財務的には自己資本比率が49.5%もあったり、
手元現金が100億近くあったりと不安はないので売り急ぐ必要はないと思いますが、
このままではジリ貧かもしれませんね。

投資マンションは今は割り引いて考えた方がよさそうです。
そうなると私としてはプレサンスが心配です。。。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/614-7a3d1d0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。