上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストリア航空はルフトハンザ航空に買収されるそうです。
カンタスはBAと合併交渉をしているみたいですし、この業界も動きが大きいですね。
デルタとノースウエストも合併しましたしね。

で、オーストリア航空がどの程度の規模かWikipediaで見てみると、
保有機材は子会社含めて99機だそうです。
ちなみにカンタス213機、BA234機、ルフトハンザ534機、デルタ470機、NW513機。
JALは232機、ANAは156機です。
こうして見るとオーストリア航空は規模はそれほど大きくないんですね。

一時の原油高は去ったので航空会社は多少は楽になるかと思いますが、
これからも合併は続くんですかね。
スカイもどこかと組めればいいんですけど、たとえばエアドゥとか、エアドゥとか。
エアドゥと組んで北海道路線はエアドゥに任せる、というのが理想ですけど、
エアドゥは実質ANAの子会社みたいになってますから、難しいんでしょうね。
エアドゥがいなければ搭乗率の低い旭川なんて就航しなくてよかったのに・・・


コメント

原油が43ドルになりましたので、大分よろしいでしょうね。
原油下落は航空業界にとって大きな追い風ですよね。しかも為替も93円。
私の以前の試算はシンガポールケロシン180cent、ドル円98円で行ったものですから、
ケロシンも145centまで下がっている現状は、スカイは上方修正も期待できますね。
搭乗率が減少していないことを祈るのみです。
10月のレベルは搭乗率は旭川を除くとまあまあ改善しているレベルとみてとれます。11月+12月も多分同じぐらいでしょう。更に管理人さんが計算したときより7割ぐらいのコストになるという計算になりますかね?
そうですね。私が試算した条件はケロシン180cent、為替98円でしたから。
11月以降をケロシン150cent、為替93円で計算してみたところ、
下期トータルで7億ほど負担減となると算出されました。
この水準が維持されれば大分楽になりますね。あとは搭乗率の改善を期待します。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/62-05e176e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。