上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城空港ビルの初年度収支見通しは2000万円の赤字、だそうです。

就航が決まっているのがスカイマークとアシアナの2便だけという状態で、
意外と赤字額は少ないなという印象です。
そのことよりも、この記事からわかったことを記載します。

----
本会議で田山東湖県議(自民)の代表質問に答えた。県はこれまで開港時に
「ビルに入居する航空会社が国内2社、国外1社以上」との前提で、
全体で4億1700万円の収入があるとし、うち航空会社による賃料収入を1億7400万円と見込んでいた。

 しかし、現状で定期就航が確定しているのは韓国のアシアナ航空とスカイマークの2社だけで、
スカイマークは空港に支店を設けない方針のため、県は賃料収入の大幅な修正を余儀なくされている。

----

まず、事前の見積もりでは航空会社3社からの賃料収入は1.74億程度、
ということは1社あたり約6000万円。
普通に支店を開設したらこれくらいかかる、ということですね。1ヶ月500万円ですか。
しかしスカイマークはこれまでに報道されているように支店を設けない方針のため、
スカイはこれを支払わなくてよい、ということになります。
無人運営により年6000万円を削減できる、全くゼロとはいかないでしょうが結構大きいですね。
それに伴う人件費の削減もありますし、経費削減効果は大きいですね。

-----
このため、出国者を対象にした旅客取扱施設利用料500円を徴収し、
年間2000?3000万円の収入増を図るほか、(以下略)・・・

-----

国際線のいわゆる施設使用料を500円取るということですね。
他の空港の施設使用料(PSFC)がどうかというと、
成田 2040+500 (旅客保安サービス料PSSCとして500円)
羽田 2040
中部 2500
関西 2650
福岡 945
千歳 1000 (2010年3月より)
他の空港は特に徴収していないようです。

主だった国際空港は上記のように徴収しているようですが、地方空港は徴収していません。
これは他との競争という意味ではよくないですね。
収支を合わせるために無理やり利用者に負担を押し付けている感が否めないです。
こんなことでは就航する海外キャリアも現れないですよ。
LCCが中心になると思われますから、コストには厳しいでしょうし。


コメント

割と茨城神戸線好調のようにみえます。

先月370円から420円のレンジでスカイを4万株ほど売り、とりあえずREITとその他の株に振り向けました。もともとフルリスクをとっていたので最適化のためです。それでも大量に保有していますので大丈夫です(笑)。

株は住友金属鉱山をもってみました。よく分かりませんが、多少ポートに資源関連銘柄を組み込もうと思っています。HISが随分値上がりしたのは気になります。
茨城は5800円ならよく売れているようですね。
しかし前割21の席数が少ない可能性もあり、何とも言えません。
茨城県には空港へのアクセスを整備するなどして、
スカイの赤字の減少に向けてがんばってほしいところです。

スカイ株4万株を売却でまだ大量にあるとは、私とは桁が違いますね。
最近株価が下がっていたのはああさんの売りの影響ですかね(笑)。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/652-9fedbdcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。