上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2月輸送実績が発表されておりました。
搭乗率は以下の通りです。

       2009 2010
羽田-福岡 82.0 93.6
羽田-神戸 74.0 83.6
羽田-札幌 75.8 89.8
羽田-旭川 53.9 67.5
羽田-沖縄 81.3 86.1
福岡-沖縄  -  58.0
神戸-沖縄  -  56.9
神戸-福岡  -  20.6
--------------------
全路線    77.2 81.1

乗客数は前年比120.2%と大幅増。
これはかなりいい数字だと思いますが、こういったことは報道されないんですよね。
各路線の搭乗率を見ても軒並み上昇。福岡はなんと93.6%。
もうこれは週末は全便満席、平日の早朝等しか空きがないような状態かと思います。
これ以上はどうがんばっても上がらない、という状態だと思います。
3月の方が2月より需要は大きいですが、おそらく同程度の搭乗率でしょう。

新路線も60%前後を出せており、既就航空港間の路線と考えればこれで十分利益が出ていると思います。
神戸福岡はさすがに赤でしょうけど。
この状態でズルズル行くよりはさっさと撤退を決めたのはよかったのかもしれません。

乗客数が2割増ということで、客単価の下落は2,3Qとも10%程度でしたので、
おそらく売上は増加していることでしょう。
運航本数が増えているので経費は増えていると思いますが、
利益も昨年より増加していると考えられます。
先日の機長問題とかなければ3月も順調に高搭乗率をキープし、上方修正・・
というプランが考えられますが、あの問題はどの程度影響しますかね。
乗客にはマスコミの報道も冷静な目で見ていただきたいですね。


コメント

2月の搭乗率は驚異的でしたね。JALの顧客のスカイシフトが想像以上に進んだものと受け止めます。例の報道をみたヒトはスカイ搭乗を躊躇するものと思うが、いったんスカイに乗れば、固定客として定着するものと思います。

ただ、思ったほど下がらなかった一方、今回の出来事は「スカイには国際線はやらんぞ」という国交省の強い意図と受け止めたので逆に25000株ほど更に売りました。合計65000株ほど。それでも3分の2、15万株ほど残っているので、これはとりあえず、Hold予定です。
福岡線93%は本当にすごいですよね。
当日乗れなくなってキャンセル、という人が1便当たり10人ぐらいはいそうですし、
それだけで93%ぐらいになりますからね。
キャンセル待ちに並んでる人も多いんでしょうかね。

保有株15万株ですか、すばらしいですね。
今の国交省の様子だと国際線はしばらくダメそうですが、
国内だけでも成長の余地は十分あるのでしばらくHoldでお願いします(笑)。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/657-0c78cdce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。