上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近不祥事が相次いでいるスカイマークですが、また不祥事が出てしまいました。
今回は管制の指示と異なる高度で運航を行った、とのことです。

なんでこんなに不祥事の発表が重なるんですかね。
機長の判断を社長がねじ伏せた件で厳重注意を受けたのが3/9で、
今回の件は3/11に発生しています。
うがった見方をすれば、こういった問題はさほど珍しくなく日常からそこそこ報告されているが、
今話題のスカイマークだからニュースにした、ということかもしれませんが・・・
どうも調べてみるとANAが2005年に同じような不祥事を起こした際も、
結構問題になり報道もされたようです。
なぜこのタイミングで起きてしまうのか。タイミングが絶妙すぎますね。

今回の件でも前原大臣は激怒するんでしょうかね。
そして本当に羽田枠を取り上げるとか言い出しかねません。
しかしそんなことをすると支持率はますます下がるでしょうね。
国民が求めているのはJALの再生ではなく、安い運賃と航空の活性化ですから。

スカイとしては今回の件はちゃんと原因を調査して、
国交省と乗客の信頼を取り戻す必要がありますね。

コメント

今回の件はまさに微罪の類でしょう。意図的に流されたものとしか思えない。スカイはいまだ事故といえる事故を起こしていない。新鋭機中心。老朽化しているJALとは比較にならない。でも一般のヒトは多分分からないでしょう。

まあ、私はスカイの株を3分の1程度処分しておいたので、手ぐすねひねって買い戻しの機会を待っています。スカイに定着した客がJALに戻るかといえば戻らないでしょう。

スカイに羽田4枠を与えないという話になるのは、結局、今のJALはスカイが幹線3枠を与えられても苦しいのでしょう。利便性が増すので、沖縄あたりにいれられれば、深夜便いれて7便だと厳しい。本音はそんなところではないでしょうか。

茨城空港前に叩いたのも茨城がLCC空港として、羽田と同等の可能性にならないよう、つぶしたのだと思います。それこそ地方空港の儲からないとされる代表の茨城で成功した場合、かえってJALは空港開設が原因で悪くなったというのは明らかに嘘だと分かる。

前原氏が茨城空港は国の責任ではないといいきるところが姿勢を示しています。民主党とJALは同一視されてしまうでしょう。自民党と同じように。
一般の人にも、スカイが10年以上事故を起こしていない点を理解していて、
そのためこのように問題となっていても予約が減らないのでは、と思います。
最新機材等については理解していなくても、実績は理解しているのではないでしょうか。

スカイは今日もほとんど満席、
特に福岡線などはあれだけ便数があっても空きはほぼなしです。
1便でも増加させれば喜ぶ人はかなりいるでしょうね。
逆に増加しないと悲しむ人は多い→国交相批判→民主党批判となるでしょう。
国交省がどんな監査結果を出してくるか、注目したいと思います。
たぶん何もないと思いますが捏造まがいのことをしてこないことを祈ります。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/660-b123a645
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。