上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県の橋本昌知事の「待ち時間35分での那覇便乗り継ぎ」提案を受けて、
スカイマークは「できる方向で進んでいる」と回答したとのことです。

これが実現できるとなると、
茨城10:35?神戸11:55 神戸12:30?14:35
となり、所要時間は4時間ですね。
一方、羽田から那覇の直行だと2時間40分。微妙な時間差ですね。

羽田より茨城の方が1時間20分アクセスがいい人なら選択肢に上がると思いますが、
そういうところはなかなかなさそうですね。
つくばでもそれほどの差はつかなさそうで、土浦ぐらいから北なら
それくらいの差は発生しそうですが・・・人口はかなり減りそうですね。
茨城-神戸、神戸-那覇とも席には余裕がありそうなので、
料金を安めに設定して格安ツアー用とするか、
羽田-那覇が満席の際の第二候補とするか、そういったところでしょうかね。
スカイマーク的には茨城線が少しでも搭乗率が上がればいいですが、
それほど期待できないかなあ、という印象ですね。

コメント

この受け答えも当然事前打ち合わせがあったからとのことだろうと思います。経由便ニーズ、どの程度あるか。スカイの羽田那覇は十分安いから。

ただ、今スカイがプライスリーダーになっているので、羽田那覇線をそこそこ値上げし、同業他社が追随すれば、茨城那覇線はかなり安くするということは可能でしょう。

茨城那覇専用線を増やすことを前提として神戸那覇3便にするという選択肢、あるいは比較的好調なので、午前午後1便経由便ということもありえるでしょう。

神戸札幌は便数が増やさないのは、茨城を経由発想にするのかも注目です。これであれば、ある程度、茨城札幌の集客が少なくとも合わせ技でなんとかなるでしょう。

とりあえず、茨城神戸が午前1便しかないので、午後1便を増便したと同時に経由便にするのではと考えています。
たしかにスカイの羽田-那覇は安いので、経由便にするとどうしても割高になりますね。
時間だけでなくそちらの方も不利な点です。
しかもツアーで使うとなると帰り便も朝となってしまうのが使いづらい。
やはり神戸-茨城の夕方便を設けて、それに合わせる形で那覇-神戸を
接続する便も作らないとツアーには使いづらいでしょうね。

スカイが茨城に対してどこまで本気かによりますが、
利益を出すことを目指すのであれば夕方便は必須でしょうね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/669-b032898c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。