上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが茨城空港で計画していた整備士非常駐方式での運用について、
国交省より許可が下りたとのこと。

今日の時点で許可が下りていないというニュースが出ており、
明日の就航はどうなるのかと心配しておりましたが、何とかハードルをクリアできたようです。
茨城就航の際に拠点を設けない運用にする、という話が出てきて以来、
許可がどうこうという話は全くなかったため、
てっきり許可はすでに下りているものと思っておりました。

スカイマークの茨城就航の最大の目的は、この無人運用にあると私は思っていましたので、
是非この拠点運営を成功させて、他の拠点にも展開してもらいたいと思います。
また、他の航空会社にとってもこの運営方法は手本になるはずで、
1日数便しか運航していない需要の小さい路線でも利益を出せる可能性があり、
地方の空港を救うことにもなると考えております。
長期的に見れば国交省にとってもいいはずです。

さて、明日は茨城空港への国内線定期便が初就航ということで、
ニュースでも取り上げられることと思います。
前(茨城開港時)みたいにネガティブニュースが出て報道がかき消されることなく、
スカイマークの宣伝が出来ればいいですね。


コメント

本当に間際まではらはらどきどきさせる空港ですね。
茨城は神戸に次ぐスカイの基幹空港になると思っていますので、あまりこの空港で無人化を進めることが材料になるとは思っていませんがむしろ、九州方面にはプラスでしょうね。
>junさん
まさか非常駐の許可が下りていないとは思っていませんでした。無事就航できてよかったです。国交省もこんな演出しなくていいのに・・・

>ああさん
茨城就航の目的はまずは無人拠点を成功させることだと思うので、着実に実績を積み重ねてほしいです。うまく行けば、3便以下の空港はすべて無人化するなどして、経費削減してもらいたいですね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/685-f1cce75f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。