上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークおよび航空各社のゴールデンウィーク(4/28-5/5)の予約状況が発表されておりました。

路線2010年度2009年度対前年比
提供総予約数予約率提供総予約数予約率提供総予約数
座席数座席数座席数
羽田-福岡線28,32022,73180.30%32,54420,08961.70%87.00%113.20%
羽田-神戸線16,99211,79569.40%16,9929,82257.80%100.00%120.10%
羽田-札幌線22,65617,46677.10%22,65612,30654.30%100.00%141.90%
羽田-旭川線5,6643,90068.90%2,8321,22043.10%200.00%319.70%
羽田-那覇線10,2668,27180.60%8,4965,69967.10%120.80%145.10%
福岡-那覇線5,6644,05671.60%5,6642,83550.10%100.00%143.10%
神戸-那覇線5,6644,09072.20%-----
茨城-神戸線2,8322,75397.20%-----
全路線計98,05875,06276.50%89,18451,97158.30%110.00%144.40%


全体の予約率は76.5%と、昨年はこの時点で58.3%だったことを考える非常に好調と言えます。
ただし一点注意すべきなのは、上記は4/28-5/5の2010年、2009年の数字を単純に出しており、
2009年は5/6が休みであったことを考慮されていないため、
2009年分について5/6まで含めると予約率は60.5%となります。
しかしそれを考慮しても十分高い数字ですね。
特に地方路線が70%近辺まで予約を獲得できているのは大きい。
茨城?神戸はものめずらしさもあるのでしょうがほぼ満席です。
また今期は普通運賃を前期より下げているので、当日にチケットを購入される方も多いと思いますので、
実際の搭乗率はかなり高い数字になると思われます。
昨年は最終的な搭乗率が76.2%でしたから、今の時点で上回っています。

この要因としては、
・昨年はインフルエンザによる影響が大きかった
・運賃の値下げ
・地方路線の定着
などが考えられます。

とりあえず一連の騒動の影響はあまり見受けられませんね。
とにかく何もなく、淡々と業務をこなしてもらうことを願います。


コメント

GW
もちろんGWは曜日の影響もあるので、なんともいえませんが、40%増は素晴らしい。予約率100%の茨城は飛躍する予感がします。
いくらもの珍しさがあるとはいえ、100%はすごいですね。
意外と大化けするのかもしれません。
4月に入っても羽田-福岡が多くの便で満席の状態ですので、
福岡行きの第二の選択肢として茨城-福岡を飛ばすのも面白いように思います。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/689-345e86fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。