上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAのゴールデンウィーク予約状況が、前年比115.9%と好調、と伝えられていますが、
この数字自体、2009年分は休日であった5月6日が集計に入っていないことから過大な数字だと思っています。
(2009年は5/6が祝日であったため最も搭乗者数が多かったと思われますが、
今年が4/28ー5/5までのため、同じ時期の予約数で比較しています。
そのため5/6が前年比比較に入っておらず、同じ条件とは言いづらいです。)

そこで正しい比較を行うために、前年の状況を見てみます。

年度(集計期間)  提供座席数 予約数 予約率
?2009年(4/28-5/6) 1,642,831 1,123,145 68.4%
?2009年(4/28-5/5) 1,456,889 750,073 51.5% (2010年版発表で比較対象となっていたデータ)

?2010年(4/28-5/5) 1,393,759 869,172 62.4%

?と?の差は、5/6が集計に入っているかどうかだけのはず。
しかし予約数の差が373,072もあり、提供座席数の差以上になっています。
?と比べても予約数が明らかに少なく、なぜ?のデータが出てきて今年と比較しているのか、
昨年と比べて今年は1日少ないと言えども予約数は少ないし予約率も悪い、
本当に予約好調と言っていいのか疑問が残りますね。

おそらく私の解釈が間違っているのだと思いますが、
この発表はどうにも理解できませんでした。
理解できたら後ほど追記いたします。
もしわかる方がいらっしゃいましたら、コメントいただけるとありがたいです。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/690-880fa682
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。