上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空各社の2月実績が出揃いました。

2010年2月提供座席数搭乗者数搭乗率シェア前年比
ANA4,530,797 2,900,494 64.0%46.26%103.78%
JAL4,669,980 2,750,081 58.9%43.86%98.13%
SKY341,964 277,426 81.1%4.42%120.22%
ADO217,548 145,432 66.9%2.32%127.24%
SFJ92,453 67,802 73.3%1.08%103.58%
SNA119,670 71,876 60.1%1.15%93.94%
IBEX36,747 23,371 63.6%0.37%151.64%
ORC25,751 13,030 50.6%0.21%123.68%
FDA16,947 9,965 58.8%0.16%-
AMX10,413 6,081 58.4%0.10%146.35%
新中央7,274 4,190 57.6%0.07%106.29%
合計10,069,544 6,269,748 62.3%100.00%102.47%


スカイマークのシェアは1月の4.38%から若干ながら上昇。
JALのほうは1月からもさらに0.5%ほど下がってますね。その分ANAが0.75%上昇。
JALのシェアが目に見えて落ちていってます。
便数を減らして提供座席数を減らしているため、という言い訳もあるかもしれませんが、
同じ値段ならJALよりANAを選ぶというのが一般的な心情でしょうしね。
再建計画も遅れているようですし、JALはいよいよまずいのでは?

航空需要全体としては、2月は2.47%のプラスと前年を上回ってきました。
昨年は景気悪化の影響をもろに受けていたと思われ、
この搭乗者数増が回復基調の表れだとすれば、これは好材料です。
景気も回復していって、航空需要がさらに伸びることを願います。


コメント

航空需要が伸びたということもありますが、価格競争が需要をつくりあげているという見方もできるかもしれません。

今12機だから、後3倍ぐらい36機だと1か月100万座席を超え、年間12百万の顧客が利用することになるのですね。

そうすれば10%。楽しみですね。茨城と神戸でどれぐらい、とれるのか。
たしかにスカイは新しい需要を創出しているでしょうね。
しかしスカイなんてまだまだ小規模ですから、
全体の需要を底上げするまでには至らないかと思っています。
早く全体の需要を底上げするような存在になってもらいたいものです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/694-9156cd64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。