上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資用マンション銘柄のFJネクストが決算を発表しておりました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
22年3月期 24,720 10 △841 △987 △1,245
21年3月期 22,477 △25.1 374 △90.8 168 △95.8 △504

私はここを含めて投資用マンション銘柄を何個か持っているため注目していましたが。。。
まず前期の数字は以前に発表された下方修正とほぼ同じ数字で、インパクトはなしですね。

今期の予想業績は、上期は赤字も下期で挽回して黒字予想、となっています。
通期売上 282,7億、営業利益 15.8億 との予想です。
前期は仕入れ価格が高い物件が多かったが、
今期の下期からは仕入れ価格が下がった物件の売却となるため利益を出せる、とのこと。
おそらく2007年ごろの不動産バブルの時期に仕入れた物件を、
前期と今期の上期で売却していくということでしょう。
そうであれば通期業績も達成できると期待できますが。
ちょっと下期に利益が偏りすぎのようにも見えます。

財務の方は、相変わらず健全です。
手元現金は87.5億もあり、総資産の30%程度を占めますね。
自己資本比率も56.6%もあります。
仮に今期ぐらいの赤字が数年続いても、しばらく大丈夫そうです。

株価365円に対してBPS1,003円と、まだまだ割安です。
配当も10円を維持していますし。
今期利益をちゃんと出せるのであればかなり割安ですね。
ただ投資用マンションという業態がこれから大きく伸びていくとは思えず、
BPSを超えて株価が上昇していくとは思いづらいですね。
それでも割安なので、500円ぐらいは行くとは思いますがね。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/704-90a68914
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。