上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目のスカイマークの決算が発表されておりました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
22年3月期 41,458 △2.0 3,143 2,956 2,627
21年3月期 42,316 △16.0 △2,543 △2,389 △2,040

数字的には、先日の修正と同じでインパクトはなし。
注目は今期の業績予想ですが、以下のような予想となっております。

売上 営業利益 経常利益 純利益 (百万)  一株利益(円)
51,000   4,600  4,500  2,500   35.94

スカイの予想は保守的なため、及第点は営業利益40億と考えておりましたが、
46億と強気の予想を出しており、これは好感できます。
しかし強気といっても、前期1Qの△6億が今期は黒字になると思われ、
それだけで10億近い上積みになると思いますし、
それに新路線の定着や羽田拡張が加われば十分達成できる数字です。
法人税の支払いがあってEPS35.94円ですので、PER10倍。
成長性を考えると安いと思いますね。

そして一番のサプライズが10円配当の実施。スカイの初配当です。
今期に3円程度予定、ぐらいで出してくるかと思っていましたが、
前期に、しかも10円と結構大きい額です。
配当性向が0%から一気に3%となりました。
まあそれでも原資は7億ほどですので、
スカイの財務状況からすれば問題ない数字です。
近いうちに一部上場があってその際に同時に増資を行う、
そのために株価を上げておく作戦のように思います。

決算分析については後日行いたいと思います。
明日は株価が楽しみですね。

コメント

今期決算をみると営業キャッシュフロー50億を超えているので、配当を7億ぐらい出しても全然大したことがないということがよく分かります。

一方で決算は26億の黒字なので、もちろん運転資本の黒字もありますが、24億の約半分は過度に保守的な決算処理と考えています。おそらく今期も増収増益と思っています。
前期は定期整備引当金を15億積んでますね。対して使用した額は5.5億。
来期機材が増加するので8億程度を引き当てるのが適当かと思いますが、
7億ほどは過度な引当と言えそうです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/705-6f21a246
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。