上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日グアムへのチャーター便運航を検討中との報道があったスカイマークですが、
ハバロフスクへのチャーター便も検討している、とのことです。

ハバロフスクとはあまり馴染みのない土地ですが、
早速どのようなダイヤになりそうか考察してみます。

まず、ハバロフスクは極東ロシアにあり、ウラジオストクの北500kmぐらいの場所、
サハリンから西に少し入ったあたりにある都市のようです。
日本との時差は2時間、成田からで飛行時間は2.5時間程度のようです。
ハバロフスク空港が24時間かどうかはよくわかりませんが、
タイムテーブルによると最終便は0:10、始発は8:00のようです。
ロシア語なのでよくわかりませんが。。。

これらから、深夜の機材が遊んでいる時間を有効活用できるダイヤを考えると、
羽田1:30?6:00ハバロフスク、ハバロフスク7:00?7:30羽田
羽田からだとこんな感じですかね。
いい具合に時差がありハバロフスクへも夜中ではなく朝に着けますし、なかなかよさそうです。

ハバロフスクへのツアーを企画している旅行会社はこれだけあるようです。
これらの会社に座席を卸すチャーターになるんですかね。
ハバロフスクは旅行先としてはマイナーなのでどの程度旅客が集まるのかわかりませんが、
機材レンタル代を考慮しなくてよいとなると損益分離点はかなり低いと思われますので、
定期国際線就航への実績作りという意味でも運航が実現すればいいですね。

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/716-4c1ba82d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。