上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの5月輸送実績が発表されておりました。

       2009 2010
羽田-福岡  77.5 92.7
羽田-神戸 70.6 83.3
羽田-札幌 66.0 81.6
羽田-旭川 54.8 60.0
羽田 -沖縄 75.1 79.9
福岡-沖縄 39.4 63.2
神戸-沖縄  -  54.6
茨城-神戸   -  75.6
--------------------
全路線    67.9 80.9 (搭乗者数前年比 125.5%)

搭乗率は依然として好調ですね。搭乗者数も125.5%と大幅増。
昨年は運賃が高かったため客単価は下がっているでしょうが、
決算数値等からおそらく10%程度だと思いますので、
5月単月では10%以上の増収は確実でしょう。

各路線別に見ると、
福岡は相変わらず飽和状態ですね。
この分なら羽田北九州も期待できるのではないでしょうか。
また茨城福岡も、羽田福岡を予約できなかった顧客の受け皿として、
十分搭乗者数を稼げるように思います。
ただ茨城は無人運営の実績作りのため、増便できないのだと推測しています。

他も幹線は80%と好調、非幹線でも60%程度あり赤字ではないと思われます。
茨城も75.6%と健闘しています。GW中がほぼ100%だったですが、
それ以外の期間でも70%程度確保している計算になります。
今後はもの珍しさが解消され徐々に下がっていきそうですが、
50%ぐらいはキープできそうで、赤字にはならなさそうです。

この数年、6月は1Q業績についてなど何らかのIRがあるのですが、
今年も近々1Q黒字確保のIRがありそうな気がします。


コメント

北九州ー羽田便は期待できますが、毎日運航でない点が心配ですね。

茨城便が増便できないのは無人運営の実績作りのためというより、
茨城への需要が期待できないので、採算がとれないと判断されているからだと思います。

神戸ー茨城は1往復のままでそこそこ稼いで無人運営の実績を作れればいいかな。

茨城ー福岡を羽田ー福岡の利用者がどう思うかはわからないけど、
茨城は遠い所だと思われてしまい他社に流れ、羽田ー福岡の受け皿にはならないと思う。
茨城-福岡は、現状の羽田-福岡の混雑を考えると、少々時間がかかってもよいと考える人にとって十分受け皿になると思っています。

ただ羽田からの顧客の受け皿になるには、東京駅からのバスの充実がほしいですね。
やはり1時間40分、500円は魅力です。
スカイ側からバスの時間に合わせるぐらいでもよいと思います。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/726-0904f192
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。