上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMCOMが2Qおよび通期の業績予想の修正を発表しておりました。
ここは12月決算なので、「みんなのFX」を売却した影響は3Q以降で出てきますので、
そちらの方をどのように見ているか注目です。

業績は以下のようになるそうです。
    売上 営業利益 経常利益 純利益
2Q   4,483  1,757  1,719  1,351 (百万)
通期 6,580  2,170  2,150  1,370

売上のほとんどが金融事業だと思いますが、
2Qまでで44.8億、通期では65.8億と下期は21億に減少しています。
ただ事業譲渡(みんなのFX)による売上減は16.8億とのこと。
意外と低く見積もっていたようです。
みんなのFXを外しても下期で21億の売上がある方が意外でした。
これまでみんなのFX向けの内部売上であったシステム利用料4.7億が売上に計上される、
ということですが、それ以外にも16.3億あるようです。
半期21億の売上なら通期なら42億、意外と売り上げはありますね。

それよりトレイダーズHDの方は、
売上16.3億(EMCOM見積もり)に対してシステム利用料4.7億支払うことになります。
通期なら32.6億に対して9.4億ですね。
システムがあれば他の費用は少なそうですが・・・
この辺は同じくEMCOMのシステムを利用しているプラネックスが参考になりそうですね。
というわけでプラネックスを見てみると、金融事業は2Qで売上30億、営業利益11.7億。
同じぐらいシステム利用料を払っていると思われますが、
売上があればそれなりに儲けは出るようですね。
トレイダーズHDの方の修正はまだですが、
プラネックスの半期売上程度は加算されるのではないかと思いますがね。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/758-f5855ce2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。