上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAが設立を計画している格安航空会社は、
関空-成田、福岡を5,000円、関空-那覇を8,000円程度で運航する計画である、
との報道がありました。

たしかにこの運賃はかなり安く、インパクトもあります。
しかし関空の立地の悪さを考えると、新幹線との勝負にはならないと思われます。
関東の人が成田まで行くのもかなり手間ですし。
またこの5,000円の運賃も、全席5,000円なのかどうかという疑問もあります。
仮に全席5,000円だとした場合、搭乗率48%で運航にかかる費用は賄えますが、
営業所等の固定費分も考慮すると赤字です。

関空-那覇は、この運賃であれば少々時間はかかっても関空から出発、
というのは考えられるので、この路線はまずまず成功しそうです。
しかし成田と福岡は新幹線の便利さを考えると厳しいとみます。

おそらく、関空から飛ばす予定の国際線への
乗り継ぎ用としての運航がメインでしょう。
国際線+国内線のセットで航空券を売る作戦のように思います。
中部から国際線を飛ばそうとしているスカイも同じ作戦と思われますので、
この点ではスカイとライバルになりそうですね。

しかしANAのLCCはまだまだ課題は山積みで、
私には成功するように思えません。
LCC単体では成功するかもしれませんが、ANA本体を考慮せざるを得ず、
両社とも成功することは非常に難しいと思っています。

・機材は調達できるのか?
おそらくANAの小型機材をLCCに移すと思われますが、
その場合ANAの機材はどうするのか。ANA本体は大型機ばかりになってしまう?
・人件費抑制は可能か?
現在でも契約社員とかで人件費はかなり抑制しているようなので、
そういった方法で抑制するんですかね。
・路線計画は?
中心地から離れた空港(関空)を拠点とするようですが、
それでもANAの客を奪ってしまう(=客単価の下落)にならないのか。

現状では大手の業績を気にする必要がない
スカイマークの優位は揺るがないですね。
上の課題をうまく解決する策が出てきたら、
ANAへの投資を考えたいと思います。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/775-ff608295
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。