上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの8月輸送実績が発表されておりました。

         2010  2009
羽田-福岡   95.4%  91.2%
羽田-神戸   92.5%  94.2%
羽田-札幌   94.0%  89.1%
羽田-旭川   78.9%  70.3%
羽田 -沖縄   92.0%  85.3%
福岡-沖縄   81.7%  52.7%
神戸-沖縄   85.5%  -
茨城-神戸   87.4%  -
神戸-札幌   87.2%  -
札幌-旭川   17.5%  -
北九州-羽田  57.7%  -
北九州ー沖縄 34.1%  -
--------------------
全路線     86.2%  86.8% 搭乗者数 130.1% (旭川補正後の実質搭乗者数128.8%)

搭乗率で見ると、地方路線が増加した分、若干悪化しました。
昨年も搭乗率は非常に高く伸びしろがほとんどないため、率が下がるのは想定通り。
むしろ羽田以外の便数が23%にまで増加してこの数字を出せたことの方を評価すべきでしょう。
ちなみに昨年は6.5%しかありませんでした。
単価の高い幹線で搭乗率が伸びており、
となるとトータルでの客単価の下落も小さく収まっていると考えられます。

来月には神戸-鹿児島や鹿児島-奄美が入ってきます。
その次には神戸-熊本、さらに11月は羽田-鹿児島、熊本と、
期待をしつつも不安のある路線の実績が発表されます。
これらの路線の成功はスカイの今後の命運を握ると思いますので、
結果には注目ですね。これらの路線はかなり値下げをしたので、
旭川の初期程度、50%程度まで伸びてくれればいいのですが。。。


コメント

今回の8月搭乗率の感想としては、沖縄路線が深夜増便もこなして堅調だし、神戸沖縄、福岡沖縄も同じ。北九州沖縄も素の数字と考えると我慢できる範囲。

つまり沖縄を起点にある程度つなげていけば、それなりに。中部沖縄や九州沖縄もある程度は計算できることと思う。熊本や鹿児島も羽田路線だけをみた評価はできない。

熊本・鹿児島の搭乗率が仮に低くても、その先の沖縄まで経由便を続ければいい。そうなると羽田線、神戸線が多少悪くてもそんなに心配ではない。
地方路線の増加が影響し、搭乗率が悪化とのことですが、
元々実質的な提供座席数が、神戸-札幌の割当枠に制約される、
札幌-旭川を除外して考えると、平均搭乗率は9割近くなりますから、
驚異的なまでに絶好調そのもので、ネガティブな印象は一切ありません。
羽田以外の路線についても、羽田-旭川よりも需要の大きな路線ばかりなので、
むしろ、羽田-旭川の増便の方が、搭乗率の悪化への寄与は大きいほどです。
とはいえ、搭乗率自体ではなく、利益を上げることこそが重要なので、
この場合、羽田-神戸を増便するよりも利益が増えるのは明らかです。
九州新拠点が下期業績の足を引っ張ることにはなるでしょうが、
もう既に、期首予想の営業利益は達成できたのではないでしょうか。
後、旭川は経由切り替えで茨城札幌で15%ぐらい、中部札幌で15%ぐらい、札幌・旭川利用者とすると、神戸札幌と合わせると50%から60%ぐらい行き、採算にのせられるのではと思う。ま、来季以降の話ですが。
ああさん>
夏場とはいえ沖縄線の好調は目立ちますね。熊本や鹿児島から沖縄もそれなりに需要はありそうですし、今後の路線拡張の候補には入っているでしょうね。SNAとはますます需要の取り合いになりますが。
札幌-旭川は、乗り換えを拡張する点は大賛成ですね。3便あれば乗り継ぎに便利な便も多くなります。あと値段を3,000円とか、もう少し下げれば他社からの乗り換えも期待できると思います。なぜ5,000円なのかはちょっと疑問ですね。

Shéhérazadeさん>
私も2Qまでで通期利益は達成していると見ています。下期は新路線で苦戦しそうですけど、上方修正は出させるでしょうね。
札幌旭川は搭乗者数を伸ばせない路線ですので、ここが増えれば増えるほど、たしかに見た目の搭乗率は下がってしまいます。
札幌旭川が生きてくるのは札幌路線が増加してからだと思うので、それまではあまり気にせず他の路線で好不調は判断すべきですね。


コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/777-4e0403de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。