上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空各社の7月輸送実績がまとまりました。
東京航空局は依然として発表なしですので、FDA、IBEX、新中央の実績は空欄です。

2010年7月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,288,319 3,307,204 62.5% 46.70% 100.0%
JAL 5,085,786 3,055,892 60.1% 43.15% 93.2%
SKY 420,729 343,185 81.6% 4.85% 130.6%
ADO 255,186 199,130 78.0% 2.81% 133.1%
SFJ 114,800 79,227 69.0% 1.12% 97.2%
SNA 131,347 78,784 60.0% 1.11% 93.3%
IBEX 0 0.0%
ORC 27,970 14,964 53.5% 0.21% 107.9%
FDA 0 -
AMX 7,213 4,003 55.5% 0.06% 75.9%
新中央 0 0.0%
合計 11,331,350 7,082,389 62.5% 100.00% 98.3%


6月と比較して各社搭乗者数を伸ばしてきていますが、
それ以上にスカイマークは路線増の影響もあり搭乗者数は増加。
その結果シェアは4.85%とこれまでで最大となっています。
8月は各社伸ばしてくると思われ、
常に高搭乗率で伸ばす余地の小さいスカイは一旦シェアは下がるでしょう。
しかしそれ以降は新路線が多数あるため、シェアの最大値は更新し続けるでしょうね。
年度末には18機体制ならばシェアは7%ぐらいですかね。


コメント

月50万人を超えてきたら凄いですよね。2位の背中を早くとらえたいところです。
機材さえ入ってくれば50万超えはすぐだと思うのですが、
ちゃんと予定通り入ってくるのかどうかが疑問ですね。
JALは整理解雇とか言ってますし、
二次破綻が起きてJALの機材を買い叩ければいいんですがね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/785-f6ed013b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。