上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この数日のスカイマーク関連の報道や発表をまとめておきます。

まず1月のダイヤの発表がありました。
12月との差分はなしですね。まだ中部就航や茨城の拡張はないようです。
17機目がいつ入るか次第なんでしょうね。
ところでスカイの16機目となるJA73NCは、現在テストフライト中とのこと。
12月17日の長崎就航には間に合いそうです。
こんな姿でテストをしているようです。未塗装の緑色の機体はインパクトありますね。

また、年末年始の運賃が発表されていました。
昨年より、少しずつですが値上げしているようです。
例えば羽田-新千歳が27,800円から28,800円とか、羽田-神戸が12,800円から13,800円、など。
今年の調子だとおそらく昨年以上の搭乗率は確保できそうですし、
その上単価も上がることで先日の業績が実現できるのでしょう。
羽田から熊本、鹿児島は19,800円ですが、路線が定着する来年は
もう少し上がってくるでしょうし、さらに業績が上がることが期待できますね。

最後に、今日発表された奄美大島支援
元々9,800円、週末11,800円の運賃を6,800円にするとのこと。
またキャンセル料も無料にするとのことです。
イメージ戦略的な面もありますが、元々10月で撤退する予定なので、
この運賃値下げでの売上減はせいぜい500万(3,000円×100人×2便×8日)ほど。
大した額ではないですね。
この路線は続けていけば採算に乗りそうに思いますので、
来年以降の再就航のためにもこの支援はいい考えだと思いますね。


コメント

神戸茨城線も好調にみえます。神戸茨城の増便して1日4便ぐらいの体制になれば、神戸宮崎あたりに就航して、福岡宮崎、宮崎那覇といった展開もできると思います。でも宮崎はスカイネットとの棲み分けの問題で就航させないのかとも思います。今の業績にはほとんど茨城が反映していないのですが、茨城を反映したころには素晴らしいことになると思っています。
スカイの羽田枠は、増えてもせいぜい5-10程度。しかし関東圏の格安航空への需要はもっと多いでしょうから、その分は茨城拡張で補うべきでしょうね。
茨城空港へのアクセスが悪いというのであれば、スカイマーク自身が都心からのバスを運営してもいいと思っています。
来年以降は、茨城がどれだけ伸びるかでスカイの業績の伸びも決まりそうですね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/797-8390c7b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。