上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日になりますが、SFCGの1Q決算が発表されておりました。

SFCGと言えば、無理な取立てや貸し剥がし等でワイドショーでも話題になりました。
期限を遅れたことなく返済している優良顧客にまで一括返済を迫るなど、
現金が必要となっている様子はわかりましたが、決算を見てみると、

現金 18,468 → 19,616 (百万)
営業貸付金 614,517 → 547,802 
短期借入金 40,110 → 34,822
一年以内長期借入金 56,841 → 31,990
長期借入金 287,934 → 250,422

営業貸付金を減らしていることから、顧客に対しての貸し剥がしはあったようですね。
その金を借入金の返済に充ててます。
たしかに借り入れに対し現金は少ないので、銀行の財布の紐が硬いこのご時世、
現金がほしい気持ちはわかります。

で、利益は△8,393と大幅な赤字です。しかし中間、通期は据え置き。
昨年の1Qから2Qは100億の営業利益がありましたが、
ここのビジネスはお金を貸さないと利益が上がらないですよね?
営業貸付金を減らしているため昨年より利益は減少すると考えるべきで、
そうなると中間はせいぜいトントンまで回復がいいところなのでは?と思います。

貸付金547,802を20%の利子で貸したとして、2Q収入は貸付金の5%の27,390。
2Qの営業利益達成には16,393の営業利益が必要。
ちょっとありえないと思いますので、下方修正はあるでしょうね。
あと、銀行の貸し剥がし方によって、どこまで営業貸付金を減らす必要があるのか、
そのあたりが今後の業績の焦点になりそうですね。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/80-9007c794
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。