上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この数日のスカイマークはA380導入の話題で持ちきりですが、
足元の業績を左右する10月の輸送実績が発表されておりました。

2010 2009
羽田-福岡 96.2% 88.5%
羽田-神戸 90.7% 87.1%
羽田-札幌 92.8% 81.5%
羽田-旭川 74.4% 66.5%
羽田 -沖縄 90.1% 87.1%
福岡-沖縄 71.4% 47.2%
神戸-沖縄 66.8% -
茨城-神戸 60.7% -
神戸-札幌 82.4% -
札幌-旭川 16.2% -
北九州-羽田 48.1% -
北九州ー沖縄 18.7% -
神戸-鹿児島 55.3% -
鹿児島-奄美 43.0% -
羽田-熊本 39.4% -
羽田-鹿児島 55.6% -
神戸-熊本 25.9% -
-------------
全路線 76.1% 82.0%

搭乗者数 前年比144.2%

昨年より全体では悪化していますが、新路線が多いのでやむを得ないでしょう。
既存路線と新路線で分けて考えてみると、
     座席数 搭乗者数 搭乗率
既存路線 333,999 303,309 90.8%
新路線  168,150 78,728 46.8%

既存路線だけなら90.8%と前年の82.0%から+8.8%となっています。
定着した路線では絶好調ですね。
新路線は目標の50%には届きませんでした。神戸-熊本などの苦戦が響いていますね。
11月からはこの路線が羽田kらの経由便の一部にならなくなるため、
さらに苦戦が予想されますが大幅値下げの効果に期待ですね。



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/807-b1d3976e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。