上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの11月の輸送実績が発表されておりました。
各路線の搭乗率は以下の通りです。

2010 2009
羽田-福岡 96.2% 92.5%
羽田-神戸 87.7% 87.4%
羽田-札幌 95.2% 82.8%
羽田-旭川 - 58.6%
羽田 -沖縄 90.3% 85.5%
福岡-沖縄 81.9% 52.8%
神戸-沖縄 67.6% -
茨城-神戸 54.8% -
神戸-札幌 84.0% -
札幌-旭川 20.9% -
北九州-羽田 48.0% -
北九州ー沖縄 - -
神戸-鹿児島 59.3% -
鹿児島-奄美 - -
羽田-熊本 63.9% -
羽田-鹿児島 75.3% -
神戸-熊本 33.8% -
-------------
全路線 78.1% 83.6%


搭乗者数は前年比145.9%と依然として好調です。
また既存路線の搭乗率は92.7%、新規路線は54.9%となっています。

個別に路線を見てみると、
幹線については依然として飽和状態ですね。
羽田神戸が九州への経由便でなくなったためか若干ですが搭乗率が低下。
しかし12月は長崎への経由便となるため、また90%超えが期待できます。

新路線の中で注目すべきは羽田-鹿児島、熊本ですね。
平日9,800円、週末12,800円と破格の料金設定もあり、
搭乗率は早くも75.3%、63.9%とかなりの数字を出してきました。
これなら利益は出ていないまでも赤字にはなっていないように思います。
初年度でこの数字なら十分でしょう。
来年以降は平日12,800円、週末14,800円に値上がりするので、
そのときの搭乗率が同程度出ていたらもう本物ですね。

まだ判断するのは早いかもしれませんが、
新路線の定着が以前より早くなっているように思います。
それだけ知名度も上がってきたということでしょうが、
飛ばせば飛ばすだけ利益を出せる体質になってきたのだと思われます。
非常に心強く、見ていて安心感がありますね。


コメント

福岡沖縄の初年度から2年目の同月比較すると25%増-30%増なので、神戸熊本の34%が増加するとおそらく5割から6割は期待できそう。

神戸九州線はほぼ成功と考えてよいと思う。
福岡沖縄もいつの間にか80%超え。
十分利益が出ていると思われますし、本当に心強いですね。
今のところ九州で弱いのは熊本ですが、神戸熊本が6割、羽田熊本が8割とかになれば、
九州は大成功と言えるでしょう。
競合するSNAは大丈夫なんですかね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/817-cbc1a313
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。