上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが、来年9月より宮古島路線への参入を検討しているようです。
宮古市長に西久保社長から電話連絡があった、とのこと。

石垣の話が出た時点で、宮古も有力な就航先になるとは思いましたが、
やはり参入するようですね。
沖縄路線が充実しそうです。

宮古路線のANA、JALの10月実績を見てみると、
(搭乗者数、提供座席数、搭乗率、運航便数と機材、運賃)
ANA
那覇-宮古 26,194 38,060 68.8% 737-700 3便、737-500 2便。18,600円(前割6,200円)

JAL
羽田-宮古 7,332 9,235 79.4% 737-400 1便。57,800円(前割22,500円)
那覇-宮古 48,241 65,743 73.4% 737-400 7便、DHC-8-Q100 1便。18,600円(前割6,200円)

マイル数は羽田-宮古が1,158マイル、所要時間3時間20分。
那覇-宮古は177マイル、所要時間55分。

スカイもB737-800より小型機での運用ではありますが、
各路線搭乗率は70%前後を記録しており、優良路線と言えると思います。

就航する路線は、やはり那覇-宮古が最有力ですが、
神戸-宮古とか鹿児島-宮古なども、羽田からの経由便扱いにすれば面白いと思います。
乗り換え回数は結局変わらないわけですし。

運賃については、那覇-宮古は羽田-神戸より距離が短く、
また離島路線の着陸料や燃料税の優遇もありますので、だいぶ安く出来るのではないでしょうか。
普通運賃は10,000円を切る水準になるでしょうね。

来期は5機導入予定ですが、1機は成田路線、1機はこの宮古路線、
ということになりそうです。
他の3機分はどの路線になりますかね。
既存路線の拡充でも新規路線の開拓でも、
今のスカイマークならどちらでもうまくいくように思います。

コメント

1機は中部に使うはずなので(中部那覇、中部鹿児島か)、残り2機。1機はやはり茨城なんじゃないかな。

神戸札幌を茨城経由で2便増、茨城那覇を神戸経由で1便増。後は神戸羽田を深夜早朝。でも神戸枠増やさないと無理。

後1機はスカイネットと同じように九州那覇線かな。福岡那覇の増便+鹿児島・熊本の那覇線就航。それと北九州那覇。
来年の就航予定に奄美空港も入ると思います。
奄美空港は採算性のある鹿児島路線に限ると
当初JAS(TDA)が旧空港の頃YS-11が就航していて
その後、新空港でジェット化して、MD-81で就航、
合併後も同機種で運航されてきましたが
JAL破綻後、JAL本体としては撤退して、
グループのJACによる運航に移行し、
最盛期はJASのMD-81が6往復、ANK のBoeing737が2往復の
計8往復が120名以上定員のジェット機がほとんど満席で
時期によっては臨時便も運航していた路線が
現在は通常期8往復、プロペラ機での運航となっています。
確かに、景気の衰退もあり利用率が低下して、
減便や一部プロペラ機への機材変更も仕方ないと思いますが
全便プロペラ機への変更をされると、修学旅行や団体旅行など
観光で多くが成り立っている奄美群島への影響が大きく
島民も危機感があり、SKYの9月の参入はSKYとしての
余剰機材のツナギ運用(当初から11月30日迄の期間限定の運航計画、
11月30日からの羽田空港の発着枠獲得→羽田空港発着新路線開設は既定?)の面があったとしても
奄美島民に与えた航空運賃の衝撃は大きく、11月30日の撤退前後に
島民有志による格安航空運賃を実現させる趣旨の運動を開始して、
商工会議所や超党派の地元議員を巻き込み、
12月14日商工会議所などの奄美大島経済団体が航空会社や国土交通省を訪れ、
ジェット便復活や航空運賃の低減を要望し、ジェット機の就航に関しては
SKYとANAが前向きに返答し、特にSKYは来年の早い時期に就航の可能性を示していることが
地元紙(南海日日新聞、奄美新聞)に掲載されています。
ああさん>
神戸の拡張についてはなかなか決まらないですね。4年で40-50機という今後の拡大には絶対必要だと思いますが。
スカイネットはなぜか10月以降の搭乗率が発表されていませんが、スカイマークとの直接対決が始まってどうなんでしょうかね。
九州から那覇は有力な候補だと思うので、さらにスカイネットとの対決でスカイネットは窮地に陥り、その後の展開が面白くなりそうに思います。

元JAS関連会社社員さん>
奄美就航については地元紙に掲載されているのですか。それは有力な情報ですね。
奄美は繁忙期は外れた2ヶ月限定と厳しい条件ながらまずまずの搭乗率が出ていましたが、
地元の期待は大きいようですね。
就航すれば地元からの支援も得られそうですし、成功する可能性は高そうです。



南海日日新聞
http://www.nankainn.com/kiji/back10-1211-1217.htm#%E6%B0%B4
奄美新聞(旧大島新聞)元社長の個人ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/satokokyu/33830728.html#33833025
情報ありがとうございます。参考になります。
奄美路線はANAも前向きなんですね。
スカイマークが就航してしまえば価格面で勝負できずためらうことになると思いますが。
それもあってスカイは早い段階で就航しようとしているのかもしれませんね。
いい市場であることはわかったわけですし。
鹿児島本土の南日本新聞
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=28973
2011年3月27日から
鹿児島-奄美/一日一往復
再就航の明言をしたようです。
離島路線は既定運賃が高価なため、
SKYにとってビジネスチャンスが
大きく参入がしやすいと指摘。
奄美大島は同じ離島である石垣島と比較し、
潜在的なマーケットは大きく、
すぐの増便は難しいが
奄美空港施設の対応が可能となれば
盆、正月等の繁忙期に
東京ー奄美の深夜早朝便就航の可能性にも言及したようです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/822-dba42b11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。