上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの西久保社長がインタビューを受け、
今後の事業展開について話をしたそうです。

要点は、
・4年後には40-50機の航空機(ボーイング)保有。(A380含まず)
・ファイナンスは当面なし。東証一部上場時に実施する可能性あり。
・ただし1ドル100円を超えると導入計画見直し、借金もありえる。
・14年度から4年でA380を6機。納入開始は14年9月から。
・近距離国際線はB737を使用。

まず機材数について、4年後なので2015年3月と考えると、
2009年末の12機から、2010年度は6機、2011年度は5機を追加予定。
その後も同じように6機程度のペースで導入すれば、
2014年度には12+6+5+6+6+6=41機となります。
ですのでそれほど驚くような話ではないかと思います。

ただ41機であっても今の2.5倍の機数ですので、
それだけ新規路線も開拓する必要があります。
これまでは羽田路線があったのでこれだけの機数でも搭乗率は確保できましたが、
今後は羽田に頼らない路線拡張が要求されます。
当面は大丈夫でしょうが、今後は優良路線が枯渇するため、
ひょっとしたらB737-800ではなくB737-700等の小型機を使うのかも、
とも推測しています。

ファイナンス、およびA380の計画については以前と変更なしですね。

近距離国際線については、A380導入の発表を行った際は、
近距離国際線は多数のLCCが就航しているため、
それらとの勝負は避けて長距離路線という話だったと思うのですが・・・
やはり近距離にも参入するのですね。
機材数も増えますし、長距離路線からの乗り継ぎ需要もあると思うので、
当然近距離も必要だとは思いますが。
長距離と近距離を組み合わせることでダイヤを組みやすくなるので、
その点は歓迎ですね。

今後のポイントは、
・近距離国際線をいつから開始できるのか。
・B737-800からの小型化はあるのか。
・為替が100円以下の水準で収まっているかどうか。
に私としては注目ですね。

コメント

4年で50機になるという計画も凄いものがありますが、ペースとしては普通ですよね。今年が一番背伸びした時期といえるでしょう。

来年までは中部や成田や離島路線が残るので、まだ拡張余地がありますが、20機を超えた後の再来年以降は拡張余地があるか。

12年は、国際線もアジア飛ばす(成田)。2機。後は増便主体か。神戸那覇、福岡那覇それぞれ2便追加で1機。神戸羽田(早朝深夜)2便、神戸鹿児島、神戸札幌2便追加で2機、中部1機追加。6機。

おそらく13年には羽田枠4-5枠ぐらいもらって2機、それに伴う他路線展開で2機。石垣で1機。国際線2機(羽田)、7機。

14年には茨城全面的に機材投入3機。茨城札幌3便、茨城那覇3便、茨城福岡3便、茨城神戸3便。国際線機材2機。JAL北九州撤退スカイが肩代わり就航で1機。6機。

14年度までに国際線機材が6機ぐらいないと、機材が余ってしまう。50機ぐらいになると就航したいところなくなると思う。
なるほど、上げていただいた路線であれば、B738でも十分搭乗率が出せそうですし、
14年までは小型機材は必要なさそうですね。
まだ小松、仙台、松山など有力な就航先もありますし、これ以降もしばらくは安泰な気がしてきました。
あとは国際線の認可がどうなるかですね。地方路線も積極的に拡張していますし、もう国交省としても無視できない存在になってきていると思うのですが。
神戸の30便規制の撤廃さえ成されれば路線展開を悩まなくて済みそうですが、それはせん無きことですかね。。。

一方で羽田枠ですが、10月配分の増枠に対して供用開始時の使用率がJALが40%、ANA27%、SNA75%、ADOとSFJにいたっては0%だったそうです。
10月配分分は「第2段階の増枠分の配分時期を目途に見直しを行うことを前提として、今回に限っての措置」
なので、第二段階でのSKYの大幅増枠の可能性も考えられ、これは発表されたらポジティブサプライズになると思われます。

中部路線、成田路線、那覇-石垣、宮古はまず成功しそうですが、個人的には仙台路線にも期待しています。仙台-新千歳、神戸はもちろんのこと、仙台-那覇、福岡、中部あたりも十分黒字が出そうです。

しばらくは沖縄・九州方面の路線拡充が優先されそうですが、新千歳路線もまだまだ拡充できそうですね。
新千歳-神戸、中部、茨城への増便、新千歳-仙台、福岡への就航を期待しています。

あ、気がつくと神戸の文字がいっぱいだ(苦笑)
次回の羽田枠の割当は、スカイには優先されるべき要素は多いと思います。
他の新興は地方路線を拡張していると言ってもほとんどの座席をANAが販売している状況で、見た目だけの路線拡張、
スカイと同列で扱われるのはどう考えてもおかしいです。
JALも羽田を含めて地方路線をかなり縮小していますし、多く割り当てるのはおかしいと思います。
おそらくまた37便程度になると思いますが、
スカイは最低でも1/3の12便分はもらうべきと思いますね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/824-82fe515d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。