上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが、那覇-パラオのチャーター便を検討している、とのこと。
具体的には、4月以降に週2便、深夜便での運航を予定しているそうです。

深夜便とする目的は機材の有効活用であり、
昨年もグアムへの深夜便によるチャーター便を運航しました。
また昨年は羽田からでしたが、今回は那覇からとなっていますね。
なぜ那覇からか、という理由は、
・東南アジア等への拠点として那覇はアクセスがよい。(ANAが物流拠点にするほど)
・那覇は24時間運用可能。
・羽田より着陸料が安い。
などの理由が挙げられます。

上記の理由から那覇経由で国際線を運航するのはいいと思うのですが、
他にも台北、上海、マニラ等大都市は多数ある中で、
目的地がパラオという点はどうなのでしょう。
その点について考えてみましたが、
おそらく日本からの直行便の運航がなく、台北、マニラ等で乗り継ぎとなるため、
それならば那覇乗り継ぎのほうが距離的に有利であり、
日本の航空会社という点も含めると競争力はある、
という判断なのではないでしょうか。

那覇をハブにして、パラオ以外にも深夜国際線を運航するようにすれば、
損益分離点が低いことを考えると成功するように思いますね。
那覇から他の都市への就航も考えてみてもらいたいですね。


コメント

スカイマークの機材活用は徹底していますね。でも少し余裕を持たせないといけないでしょうね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/837-938a59a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。