上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空各社の2010年11月の輸送実績がまとまりました。
四半期毎の発表となったSNAも11月分データが発表されています。

2010年11月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,122,395 3,411,852 66.6% 49.17% 106.6%
JAL 4,058,659 2,689,998 66.3% 38.77% 85.5%
SKY 492,591 384,483 78.1% 5.54% 145.9%
ADO 229,411 169,631 73.9% 2.44% 102.2%
SFJ 109,361 85,259 78.0% 1.23% 105.5%
SNA 138,948 99,956 71.9% 1.44% 126.1%
IBEX 62,276 44,216 71.0% 0.64% 137.4%
ORC 26,993 15,278 56.6% 0.22% 98.7%
FDA 62,519 28,571 45.7% 0.41% 287.99%
AMX 7,026 3,794 54.0% 0.05% 68.9%
新中央 9,669 5,376 55.6% 0.08% 117.3%
合計 10,319,848 6,938,414 67.2% 100.00% 99.0%


JALがついにシェア40%割れ、ANAとの差もかなり大きくなりました。
JALは前年比大幅減ですが、その分がANAと新興に流れている構図ですね。

スカイマークは5.54%、前年比も145.9%と、他の新興と比べても一歩抜き出ています。
スカイの機材計画を考えても、この流れはしばらく続くでしょうね。
まだまだ時間はかかるでしょうが、早くJALを追い抜いてほしいです。

コメント

スカイのシェア5%超えですが、7%ぐらいにはすぐ行きそうな感じですね。この数字を見る限り、ANAのシェア50%超えは時間の問題。本当に日本の航空業界はこんな寡占を許してよいのでしょうか。はなはだ疑問です。
ANAの実績にはコードシェア分は入ってないようなので、それを入れるともうすでに50%は超えているのだと思います。
これからもJALの縮小に伴って寡占が進むと思われますので、それを阻止して正当な競争を促すという意味でもスカイマークの役割は大きいと思いますね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/838-a10bf506
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。