上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマーク関連のニュースが2点ありました。

・9月から那覇-宮古路線、6月には那覇-中部路線を新設
那覇-宮古については以前報道されたとおりで、正式決定ということですね。
5往復ということですが、那覇-宮古は大体所要50分、
ということは折り返しに40分として、往復2時間20分ですね。
那覇に40分停泊するとすると、5往復にかかる時間は14時間20分であり、
1機での5往復が十分可能ですね。

那覇-中部については2往復とのこと。
両空港とも24時間運用であることから、1往復は深夜便の可能性が大きいと思います。

神戸空港に格納庫を新設来期中に神戸空港に航空機1機が格納できる格納庫を新設する、とのこと。
費用は十数億、となっています。
来年4月には25機体制となっていますし、
神戸は便数も多いので神戸に新設するのは妥当でしょうね。
ただこれ以上の増便は30枠規制が緩和されないと不可能、という不安材料もありますが。
整備士も20人程度に増やしたり、居室を構えたりとなると費用も増加しますが、
運航できないことの機会損失の方が大きいと思いますし。
これを機会に規制の見直しも進むといいのですが。

コメント

両方とも記事注目していましたが、神戸の格納庫は神戸の30枠規制の撤廃がないと厳しいだろうと思っていますので、そろそろOKをもらっているのだろうと思います。

神戸の早朝深夜と同時に茨城増便も含めていろいろと出来そうなので、神戸茨城の同時立ちあげによる「スカイの第三の創業」に期待したいところです。
那覇ー中部は日中に2往復するそうです。
深夜便は検討するとのこと。

那覇ーパラオ便が中止になったのが残念です。

神戸の発着枠の問題は何とかして欲しいですね。
今のままでも不採算の熊本便を廃止して、
仙台便の新設と茨城便の増便ができるから困らないのかな。
ああさん>
最終決定は夏頃とのことですので、神戸枠規制の件があるので最終決定としていないのかもしれません。
中部も検討、とありましたので、もし規制緩和がなければ格納庫は中部に建設して、中部を今後拡張していくということでしょうかね。

fさん>
パラオ便中止なんですか?知りませんでした・・・どこかのニュースに出てたりするのですか?
那覇を国際線のハブにする構想はなかなか面白いと思いましたが。

神戸の発着枠については、今後機材が50機程度まで増えることを考えるとそれに見合う路線数が必要なので、これ以上神戸便が増やせないと先々厳しくなると思います。
ですので何としても規制緩和は行われてほしいところです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/840-7920417f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。