上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANA子会社のLCC(A&Fアビエーション)が使用する機材はA320-200に決定したようです。
2011年度下期に初号機を受領し、その後2年で10機受領するそうです。

A320といえばB737と並ぶLCC御用達の機材です。
日本ではスターフライヤー、アジアではエアアジアやセブパシフィック、
タイガーエアや先日大型発注を行ったインドのインディゴなどが使用しています。
茨城に就航している春秋航空もA320です。
王道を行くという話でしたので、妥当な選択ですね。

座席数は180席とするようです。
ANAのA320はオールエコノミーで166席、スタフラは144席。
エアアジアや春秋航空は180席だそうです。
春秋航空の座席はテレビで見た感じかなり狭そうでしたので、
このLCCの座席もかなり狭そうです。

さてこの会社、どういう経営になりますか。
ANAとコードシェアを行いだすと、
結局エアドゥやスタフラ等と同じ位置付けになってしまいそうで、
ANAの羽田枠獲得用の子会社扱いになりそうです、
というか結構高い確率でそうなる気がしてならないです。
どこまでANAからの独立を保てるのか、注目していきたいと思います。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/852-7cc7dba0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。