上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A380で国際線に就航する計画を発表していたスカイマークですが、
A380の購入契約(6機、うち2機はオプション)に正式調印したとのことです。

いくらで購入したのかが気になるところですが、
ニュースには明記されていませんでした。
また路線は2014年11月に成田-ロンドン、その後フランクフルトとのこと。
2017年にはニューヨークかパリ、という計画だそうです。

まだ国際線の実績もないですし、事業規模からしてA380は大きすぎるのでは、
購入資金の調達はどうするのか、など不安材料も多いですが、
いよいよ後戻りできない状況になりました。
成功するかどうかは、期待も不安も多々あり、正直半信半疑ですね。
ただその頃には国内線の基盤は磐石になっていると思われますし、
国際線で赤字が出ても国内線の黒字で補えるのではないかと思います。

少々の赤字ではつぶれることはないと思いますし、
更なる飛躍を目指して思いっきりチャレンジしてもらいたいですね。

コメント

国際線で失敗したとしてもA380を幹線にもっていけばいいだけですから、4機も購入したのでしょう。どちらかというと今までの767的な発想のような気がします。

A380に一度は皆のってみたいと思うでしょうし、他が導入していないので一つのブランドになる。皆機材が小型化しているので、一定の需要は期待できる。

そのうち、「A380のスカイマーク」などという一つの売り文句になり、他の路線でA380がなくても有名になる。一種の広告宣伝費です。勝手にマスコミが宣伝してくれる。

そういう意味で4機は国内線転用できるぎりぎりを考えた心にくいリスク管理です。
4機だと福岡2機、札幌2機ですかね。
この路線なら400席もA380なら埋められると思います。
諸経費を考えると単価15,000円で損益分離点は搭乗率50%程度、十分採算には乗せられそうです。
国際線への大きな賭けをしながらリスクヘッジもちゃんと出来ている、企業の取る作戦としてはかなり上手いですね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/854-72a20c17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。