上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空各社の2010年の輸送実績について、いくつか分析をしてみたいと思います。

まずは全体の動向について。
全体の搭乗者数と搭乗率の月間実績が以下のグラフです。

toujousyasuu_all_2010.gif

toujouritu_all_2010.gif

年間トータルの搭乗者数は前年比100.34%とほぼ横ばい。
月ごとの実績の傾向としては、例年の実績と大きく変わらずですね。
2Q(7-9月)がやはり搭乗者数が多いです。
しかしそれ以外は四半期毎に見ると大きく変わらなさそうです。
4Q(1-3月)の2,3月は繁忙期のように思っていましたが、
2月も実績としてはそれほどでもないですね。
しかし搭乗率で見ると2月は60%を超えているので、まあまずまず。
2月は日数が少ないことが影響しているんですかね。

搭乗率で見ると1Q(4-6月)が低需要期であることがよくわかります。
ここをどう乗り切るかが航空会社には重要そうですね。

次は各社毎の実績から分析してみます。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/855-36d47849
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。