上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前から話のあったスカイマークの成田就航について、
11月以降順次、新千歳、旭川、那覇、福岡路線を開設するとのこと。
また便数については朝夕の2往復となるそうです。

まず、以前の報道にあった神戸-成田は今回のニュースには入っていませんね。
神戸は発着枠の問題もあるので、別路線で使用するよう計画が変わったのかもしれません。
また今回の報道では成田便は8往復となりますが、
発着枠の確保についても問題ないのか気になりますね。
羽田が搭乗率90%超えと飽和状態ですので、
ちょっと時間がかかっても成田からという需要はあると思いますし、
まずまず期待は出来るのではないでしょうか。

2011年度の拡張予定路線は、以下のようになります。
神戸-成田 (2) △
神戸-札幌 1
神戸-茨城 1
那覇-宮古 5 9月予定
中部-那覇 2 6月予定
成田-那覇 2 11月以降
成田-千歳 2 11月以降
成田-福岡 2 11月以降
成田-旭川 2 11月以降
-------------
     17 (2)

今期7機調達、1機3.5往復とすると、今期は25往復程度の拡張。
そのうち17往復については概要が見えてきたことになります。
残りはどこに行きますかね。

コメント

成田線は今年最大の注目でしょうね。ここでLCC化に成功すれば、羽田枠なんかめじゃなくなる。注目は旭川線です。

幹線は大体成功するのが目に見えているけれど、旭川線を1万円台で投入すれば、成田エクスプレスは1時間で都内どこでもいける。

つまり1万3000円ぐらいでアクセス可能になる。所要時間3時間ぐらい。成田から福岡や那覇の客より心理的壁がない。

つまり、福岡や那覇だと羽田と比較し、成田は逆方向。北海道路線の方が成田は親和性があると思う。

それが神戸を思いとどまった理由と思う。神戸は茨城との接続にフォーカス。神戸枠の節約の目的もあろう。

将来的には、成田福岡など主力路線の多便化が期待できる。成功すれば鉄道会社も大喜びだろうし、通勤とも逆方向だし。
毎日新聞の千葉版http://mainichi.jp/area/chiba/news/20110309ddlk12020164000c.html
によると、

名古屋、神戸、長崎、鹿児島、宮古島路線を検討しているそうです。
仮に全部就航した場合は成田の拠点化が相当進むことになり、羽田の補完が期待できます。

また2012年に成田発着の国際線に参入するそうです。
ああさん>
成田は東京より東の人にはアクセスがいいですし、成田路線は成功するでしょうね。
ただ着陸料が安くないので、どれぐらい低価格を提供できるかは気になります。
スカイライナー分ぐらい安く出来れば、福岡や札幌なら5往復ぐらい運航しても搭乗率80%ぐらいいきそうに思います。

なんとかさん>
羽田の補完にもなりますし、国際線への乗り継ぎもありますし、成田路線は面白くなりそうです。
中部はどうもいまいちですが、成田には期待しています。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/860-530dc191
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。