上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークを始め株価は今日も暴落となりました。
原発問題が悪化するばかりで、
正直株どころではないというのが私を含む皆さんの心境でしょうか。

そんな中、スカイマークの震災対応が発表されていました。

・3/11以前の予約の羽田、茨城発着便については、4/10便までキャンセル料無料

これは大手も同様の扱いとなっていましたが、それに合わせた形ですね。
twitterなんかでは電話がつながらない等の苦情も出ていましたが、
キャンセル時の条件的には大手と同じとなりました。

・茨城への臨時便を運行

こちらも大手が仙台周辺の空港へ臨時便を出していましたが、
スカイにとって被災地に近い空港は茨城ですので、
茨城に臨時便を出すのは自然な流れです。
3/18、19日に運航するようで、タイムテーブルは以下の通り。

☆羽田→茨城
3001 10:45 - 11:25
☆茨城→羽田
3008 18日)18:55 - 19:40
   19日)19:10 - 20:00

☆神戸→茨城
3004 13:50 - 14:55
3006 17:20 - 18:25
☆茨城→神戸
3003 12:00 - 13:15
3005 15:30 - 16:45

羽田から茨城に10:45に出発し、
茨城-神戸を2往復して羽田に帰る、というダイヤですね。
予備機となっている1機を使用するようです。
これで一応王手と同様の災害支援対応となったということでしょうか。
便数は少ないですけど。


コメント

地震、津波まではいいが、原発、停電になると人災。ある意味、これまでの東京人口集中政策やエネルギー政策の失敗。これをきちんと見直しできる国であれば長期的にはよい。

3000万人の東京人口圏は限界。福島にあんなにたくさんの原発が必要になるのだ。ただ、日本人はこれでも懲りていないと思う。抜本的にやりかえないとどうにもならない。

スカイマークはこうしたマクロリスクを背負いこんでいる。国際線に就航していない段階のイベントだったのはまだ幸い。今は国外脱出とかしている段階だが、直に海外からの往来が減る。JALANAにつらいはず。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/864-358b6ff7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。