上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2011年6月ダイヤが発表されておりました。

主な変更点は、以下の通りです。
カッコ内は2月の搭乗率です。

増便
・中部-那覇に新規就航 2往復4便
・神戸-札幌 1往復2便→2往復4便 (90.2%)
・福岡-那覇 2往復4便→3往復6便 (80.3%)
・茨城-札幌 1往復2便→2往復4便 (86.1%)
減便
・札幌-旭川 3往復6便→2往復4便 (20.4%)
 上記に伴って羽田-旭川(札幌経由)も減便 3往復6便→2往復4便
・中部-札幌 3往復6便→2往復4便 (茨城経由1往復2便が減便) (50.0%)
休止
・羽田-中部 1往復2便→休止 (7.0%)
・茨城-中部 1往復2便→休止 (43.8%)

増便路線は大体予定通りですが、福岡-那覇や茨城-札幌はこれまでの発表では
特に触れられていなかった増便ですね。
2月の実績を見ると増便しても問題はないと思います。
羽田-旭川の経由便を減らしたのは、茨城-旭川就航の準備かも。
羽田-中部はやはり休止ですか。これは妥当な判断ですね。
茨城-中部はもうちょっとがんばってもよかったかもしれませんが、
茨城は原発問題もあるので積極的にはなれないですね。

茨城については4/3までの運休以降の運航が注目されますが、
今回は増便も発表していますし、4/4以降も運航されるものと思われます。

今回の発表を受けて、2011年度の拡張予定路線は、以下のようになります。
神戸-成田 (2) △
神戸-札幌 1 6月増便済
神戸-茨城 1
那覇-宮古 5 9月予定
中部-那覇 2 6月就航済
福岡-那覇 1 6月増便済 new
茨城-札幌 1 6月増便済 new
成田-那覇 2 11月以降
成田-千歳 2 11月以降
成田-福岡 2 11月以降
成田-旭川 2 11月以降
-------------
     19 (2)

今後は9月の那覇-宮古就航まで大きな動きはないかもしれません。
後半のハイライトの成田就航がどうなるかが今年の最大のポイントです。
それまでに原発と停電が解決していればいいのですが・・・



コメント

たぶん早期に記事を書かれると思いますが、

来年3月から仙台に新規就航します。

札幌、神戸、名古屋ー仙台線が開設されます。
サーバートラブルの影響か、先日投稿したコメントが消えてしまったようなので、
改めて投稿させていただきます。


中部の運航時間帯は改善されたようですね。
反対に、千歳発が夕方以降に2便集中することで、
千歳発の利用客には、いささか不便になりますが、
北海道はこれから観光シーズンですし、搭乗率は改善するでしょう。
旭川の減便は、成田発着で直行便が復活することになりましたし、
羽田千歳間の供給力も不足気味なので、妥当だと思います。
また、中部-那覇路線や他の増便される路線については楽観視しています。
今期も運航便数が大幅に増加しますが、
他社がスカイマークとの価格競争を半ば放棄しているので、
運航トラブルさえなければ、順調に成長していくと考えています。
震災の影響についても、もとより供給能力に制約があり、
機会損失が発生していたスカイマークにとって、
影響は小さくはないでしょうが、限定的かと思います。
なんとかさん>
仙台については早速記事にしてみました。
仙台は有望な就航先だと思いますので、1年後までに順調に復興してもらいたいですね。

Shéhérazadeさん>
震災の影響ですが、予約状況を見たところまずまず埋まっているように見えますし、
私も意外と小さいかもとやや楽観視しています。
3月の実績を見るまで何とも言えませんが。
今期はさすがに収益は悪化するでしょうが、それでも黒字は確保できると思います。
逆にANAなんかは、近いうちに存亡の危機に陥る可能性すらあるのでは、と思っています。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/870-3b350ba1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。