上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2011年GW輸送実績が発表されました。
震災の影響で予約状況も低調でしたが、さて結果はいかに。

        2011  2010 前年比
提供座席数 227,268 126,732 179.3%
総搭乗者数 180,127 110,086 163.6%
搭乗率    79.3%  86.9%

全体の搭乗率は下落していますが、地方路線がかなり増えているのでやむを得ないでしょう。
中でも、連休中も低搭乗率であったと思われる
札幌-旭川、羽田-中部が2011年には含まれています。
その影響を考慮して再計算してみます。

これら路線の搭乗率を10%と仮定すると・・・
    提供座席数 搭乗者数 搭乗率
札幌-旭川 11,682 1,168 10%
羽田-中部 3,894 389 10%
これらを差し引くと、2011年の実績は、
提供座席数 211,692、搭乗者数 178,569、搭乗率 84.4%
となり、昨年の数字に近い値となります。

他にも神戸から九州路線であったり、奄美であったりと、
それほど搭乗率が高くない路線も含まれてこの数字であれば、
震災の影響はほぼないと見てよいのではないでしょうか。
(曜日配列が昨年の方が若干不利ではありますが。)

震災の影響もスカイマークには限定的であり、
また原油価格も落ち着いてきたり円高が進んでいたりと、
買い材料が出来てきました。
明日には4月の実績発表、5/12には決算発表と、
好材料が続いてくれれば上昇基調に戻ってくれると思うのですが。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/883-b62d6d4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。