上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが9月に就航を予定していた那覇-宮古路線ですが、
就航を延期すると発表がありました。

那覇空港ビルディングより、
那覇空港のカウンタースペース拡充工事が開始直前に計画の変更を強いられ、
計画通りの拡充が行えず新設路線の受け入れ態勢を整えることができないため、
一旦就航計画を延期するとのことです。
いつまで延期するかは明記されていません。

那覇空港で何があったのでしょうか。
工事が遅れるならどの程度遅れていつ頃の就航となる、
とか発表があってもよさそうに思いますが。
色々交渉中でそのあたりも決まっていないのかもしれません。

いずれにしても、これは残念ですね。おそらく機材はこの就航に合わせて
デリバリーされてくると思われ、機材が浮いてしまうことになります。
1日5往復の運航を予定されていたので、売り上げ減もそこそこの額かと。
ざっくり考えて、客単価7,000円、1便当たり100人の搭乗者数とすると、
1月では7,000×100×5×2×30=2.1億円。
長引くと売上への影響も大きそうです。

就航予定表も更新しておきたいと思います。

神戸-札幌 1 6月増便済
神戸-茨城 1
那覇-宮古 5 9月予定→延期 up
中部-那覇 2 6月就航済
福岡-那覇 1 6月増便済 
茨城-札幌 1 6月増便済 
成田-那覇 2 2011年12月1日
成田-札幌 2 2011年11月20日
成田-福岡 2 2012年2月1日
成田-旭川 2 2011年10月30日
仙台-札幌 2 2012年3月 
仙台-中部 1 2012年10月 
仙台-神戸 1 2012年7月 
仙台-福岡 1 2013年2月 
成田-函館 new
成田-出雲 new
成田-高松 new
成田-徳島 new
成田-石垣 new
-------------
2011年度  21
2012年度  3


コメント

那覇空港における処理能力の問題は、搭乗橋の不足も含め、
増築工事が完成するまでは、抜本的な解決は難しいのでしょう。
浮いてしまう機材については、どの程度の延期かにもよりますが、
もし、可能ならば、成田便の開設を前倒ししてもいいですし、
神戸-札幌や中部-札幌などの高需要路線にも、増便余地はあるでしょう。
したがって、業績面への影響は気にしなくてもいいと思います。
ただ、宮古空港の方では、工事が進んでいるようですし、
人材の確保も済んでいる筈なので、こちらの固定費は残念ですね。
とりあえず、神戸や福岡から飛ばしておくというのも選択肢かもしれません。
確信犯的に表に出している節もあるのでしょうが、
今回のプレスリリースにあるような他社の非を指摘する言い回しは、
いたずらに敵を作りかねないですし、いかがなものかな思います。
そうですね、他の就航予定を早めたりすることはありえますね。
機材を無駄に置いておくことは避けて欲しいです。
私も、他社のせいにするようなプレスリリースの仕方は気になりますね。
茨城の一時撤退といい空港使用料の件といい・・・他にも多数。
既存勢力には屈しないという態度の表れなのかもしれませんが、
規模も大きくなってきましたし協調性も大事になってくると思いますので。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/894-eb520d48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。